思いをつらつらと


by fromday
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

読書

島田雅彦氏 の 「徒然王子」第一巻、第二巻を読み終えました。
第一巻を土曜日夕方に読み終え、第二巻を買いにいき、そして日曜日に読み終えました。

私は、早く結末を知りたいタイプなんで、とりあえず、まずは読み切る。
かなり流し読みしているので、この後、もう一度、今度はゆっくり読まないと。

第一巻を2/3くらいまで読むまでは、
「う~ん・・・」とうなりながら読んでました。
第一巻を読み終えたら、「うん、二巻を読まなくちゃ!」という気分になり、購入。

ただ、この小説は、新聞に連載されていたもの。
連載小説がこういう内容ってどうなんだろう・・・。
仮に、朝の電車の中で、この小説を読むと、あまりすがすがしい朝にはならないような・・・。

あと、テーマも、新聞的にどうなん?と思ったけど、絶対「虚構」ってわかるからいいのかなあ。
(島田さんの 『 内乱の予感』『子どもを救え!』は、「あれ?この事件って、もしかして、こうだったりするの?」っていうような錯覚を起こしそうな書き方だったけど、そういうのじゃないからいいのかなあ。)

島田雅彦さんの作品をもうかれこれ、20年くらい読んでます。
私が唯一単行本で、無条件に買う作家。

島田さんの前は、村上龍氏が好きでした。でも、文庫本で買ってました。

今、話題の村上春樹氏も 意外と好き。
「世界の終わりとハードボイルドワンダーランド」は かなり読み返してます。
ですので、「1Q84」も読みたいけど、これも 文庫本待ちですね。
いつになったら読めるだろうか・・・。

「徒然王子」は、面白いけど、私は、島田さんのもっと恋愛恋愛している小説が好きなので、
次は、恋愛恋愛している作品だといいなあ・・・ というのが感想。
[PR]
トラックバックURL : http://fromdayto.exblog.jp/tb/11270840
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by fromday | 2009-06-15 22:22 | 好きなもの | Trackback | Comments(0)