思いをつらつらと


by fromday
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ウィーン版エリザベートコンサート2

本日、2回目の ウィーン版ミュージカル エリザベート20周年記念コンサート へ行ってきました。

もともとは、東宝版マテ千秋楽を見に行く前に、本日 夕 のB席(5000円)を購入していました。
ドイツ語なんで、わからないだろうから、音楽を楽しむつもりでb席を。
ただ、B席は少ないので、すぐなくなちゃうかなあ・・・と早々に購入。

そこから、いろいろありまして、とてもB席では物足りないということで、S席も購入。マテのアフターサイン会があるということで、その日に。
(で、マテを近くでみたら、きっともっと好きになる!と思って、日曜日も見に行くことにしました)

今回は、3階席でしたが、全くよく見えました。舞台全体が見渡せて、とてもよかった。
そして、オーケストラの音が、前回よりとてもダイナミックに聞こえました。

(字幕かつ、舞台全体をみたい、お目当ての顔をできるだけ近くでみたい!と思わない限りは、この席で十分ということですね。)

3階なので、オペラグラスは必須です。
私は、マテとルカス中心にオペラグラスを覗いていました。

なぜ ルカスも?
先日のサイン会でのつぶらな瞳にすこしやられたようで、少し気にかかってます。
もちろん、前回のルドルフの姿も素晴らしくて。
で、彼は 親戚、結婚式、カフェ、ハンガリーの観衆、精神病院、馬、にも出てますよね?
立ち姿、動きがきれいで、存在感があるんですけど。違うんでしょうか?

マテの 最後のダンス は 最後のシャウトはオクターブ下がる感じになったんですね。
もしかして、最近はそうなのかなあ(ウィーン版2012年は 愛と死の輪舞 もはいったし)と思って、youtubeを見るとそうでもないようなので、たぶん、マテの都合なんでしょうか?
前回は、マテはエリザベートにもルドルフにも音量が押されているように思ったんですが、今回は、対等な感じでした。(前回はお疲れだったのか、あるいは、私が3階席なので、そう感じるのか、もしくは、私が、「マテは少し迫力ないかも」と思ってみているので、期待値が下がったのか・・・)

マヤさんは、なんでこんなにすごい歌声なんだろう と思うくらいの素敵さでした。

カーテンコールでは、ルキーニ役のブルーノさんが アンサンブルから参加しだして、セカンドのルキーニとなり、そして、今ルキーニをして、1000回目ということで、マヤさんから花束をプレゼントしてもらってました。

その直前に「エリザベート!エリザベート!エリザベート!」ってみんなが合唱し、体を回転させて、マヤさんに体を向けるという演出があり、前回は、マヤさんだけはキメて前向き立っているというものだったように思うんですけど(自信ないが)今回は、マヤさんも体を回転させて、ブルーノさんの方を見たんで、「おや?前と違うなあ」と思ったんですが、たぶん、今日の主役はブルーノさんってことだからかしら?と。
(花束を脇に取りに行ったり、前にでてその説明をするマヤさんが可愛かった。40代後半のかわいらしさじゃなかった・・・)

カーテンコールでは、マテが、東宝と同じように手拍子を止めるということもしてました。
あと、マヤさんの手にキスするというのはなかった。
東宝では普通にしてたんで、するのかとおもったんですが。ああいう、外国人ぽい振るまいが好きなんですけど。
そして、最後、マヤさんを抱き寄せ(マヤさんがマテに抱きついたのかなあ?どっちだっただろう?でも二人だが寄り添ってた)、フランツ役の方に、「エリザベートは、そっちにはやらない!」みたいな感じの雰囲気をだし、そしたら、フランツ役の方はゾフィー役に抱きついてました。
なんかほのぼのしておかしかったです。

いいもの見たなあといい気持ちで会場を出て、駅へ向かおうとおもったんですが、土曜日だし、出待ちってどこでするんかなあ、っと引き返してみました。そうすると人盛りとフラッシュが。
誰が出てきたんだろうと思ったら、ルキーニ役のブルーノさんでした。
花束を持ってたのでわかったけど、持ってなかったらわかったかなあ。意外とかわいい感じで暗殺者には見えない。
で、写真とったり、外国語が出来るファンのかたと話たり、サインをしたりと。
で、私も、パンフにサインをしてもらいました。

その後、人盛りはなくならないので、そのままいつつづけ、マヤさんがお子さまをつれて出て来るのをみたりして、約一時間。
もう帰ろうかなあ…どうしようかなあ、と思ってたらフランツ役の方が出てきました。
私は ミュージカル エリザベート のファンにもなってるので、サインをもらいたなあと彼の方へ移動。で、並んでたら、マテが出てきて、
本来の目的であるマテを見る方へ専念。ってことでフランツ役の方のサインはもらえず。
凄いフラッシュのなかお疲れさまです~と優しげな態度で立ち去っていかれました

黒のスーツでした。立ち去っていく後ろ姿を見つめ、私はその場をあとにしました。

成る程、出待ちとはこういうものか…。
そしてみんな建物付近は、わーと囲むけど、建物から外れると追いかけないルールなんだ。
普通に、「来ちゃダメ」って制止されるまで行きそうな感じなのに、そうじゃないんだ。
見えない線があるんですね。

私はマテの後ろ姿が消えていくのを見て、出待ちの人盛りにふりかえることもなく進行方向に向かってあるきだしたのですが、出待ちしたみなさんはやはりマテ目当てで、これで解散したんでしょうか?
そういえばルカスさんは、出てきてたのかなあ

今日は、3階席なので、舞台全体と、オペラグラスで演者さんの表情重視にみてきました。
日曜日は1階席(でも後ろから数えて数列目)なので、舞台の生の雰囲気を感じる見方をしたいと思います。
(1階席でオペラグラスってなんかテレビをみている気分になり、もったいないなあ って思うんで・・・、だから、今日はオペラグラス中心にしたの!)

まさか、ひとつの演目を3回もみるなんて・・・。しかも S席13000円を二回も買うなんて。(リピーターチケットという存在をあまりわかってなかったし、席がのこってないかも!という不安があったんですけど、今回は残ってますねえ。ほんともったいない!こんなに素晴らしいのに!やはり、コンサートというタイトルと、宣伝が不備だったんですよ。あと、公演時間の設定。なんで、夜が少ないの・・・。)
しかも、1週間の間に 3回ですから・・・。どんだけ好きやねん!
でも、ウィーン版DVDを毎日みてもいいくらい、好きになってるんです・・・。
(今は、封印してます。なぜなら、みちゃうと、舞台の記憶が、DVDとかぶって薄れちゃうんで)

本場ミュージカルが少し好きになってきたんで、本当は ロミオとジュリエット にも行きたい!と思っているんですが、これにいっちゃうと、エリザベートの余韻が消えそうで、行かない方がいいかなあ・・・と。
1ヶ月後くらいにしてくれたら、絶対行くのに・・・。

それにしても、やはり、生の舞台に勝るものはないです。
本場のものに勝るものはないです。
[PR]
トラックバックURL : http://fromdayto.exblog.jp/tb/19297476
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by fromday | 2012-10-20 23:59 | ミュージカル | Trackback | Comments(0)