裏話?

救命病棟24時 で 代議士の秘書役をしている 小須田康人さんの 日記に 大泉さんのことが書いてありました。
他にも撮影の裏話もかかれてます。

なるほど、共演者が何か書いてるかも?とちょっと検索してみましたが、残念ながら見つけれませんでした。

小須田さんは 第三舞台 の役者さんで、大泉さんも 見ていたようです。
「私も見てるし、DVDも持ってるし~」と。
第三舞台 の役者さんで一番好きな男優さんは実は 小須田さんだったりするので。
(女優では 長野里美さんが好き。)

日記の内容・・・



1月31日 月曜 晴れ・風強い

「私は北海道に住んでいますが最近心配事が出来ました。同じドラマに出演している『大泉洋』のことです。明るい印象の彼ですがめちゃめちゃあがり症の小心者です。知り合いのいない都会の東京でへこんでいるのではないかと思っています。大泉と仲良くしてあげて下さい。どうぞよろしくお願いします」
 先々週紹介したのとは別の北海道の方からだが、北海道の人ってみんなハラハラしながら同郷の大泉君のことを我が子のように見守ってるんだってね。誰かからも同じようなこと聞いたわ。だけど上がり症の小心者だなんてとても見えないよ。初めて撮影で一緒になったときは彼のほうから挨拶しに来てくれて、
「舞台もいくつか見たし、公演ビデオは穴が空くほど見ました。コスダさんは僕の中では『コスちゃん』なんで、これからコスちゃんって呼んでいいですか?」
 だって。親しげに呼んでもらえるのは大歓迎だが、取りあえずジョークだったようでその後も‘さん’付けで呼ばれているけど、世の中には年下から馴れ馴れしくされることを嫌う人もいるし、相手がどういう人物か分からぬ初対面でこう言えるのはかなりのツワモノだろう。待ち時間中の雑談では江口さんや松嶋さんにも躊躇なくツッコミ入れるし、凹んでなんか全然いない様子。ご安心あれ。

2月1日 火曜 晴れのち曇り

 大泉君は地元でもレギュラーの仕事があって、毎週のように東京と札幌を往復している。救命病棟の撮影に入ってから最初に札幌に帰ったとき、某超有名チョコレート菓子を手みやげに東京に戻ってきたら、「今どきそんなの観光客だって買わね~よ」とか散々に言われたそうで、それ以降意地になっていつも同じものを買ってくるらしい。話を聞くと「お土産よろしくと言われたから買ってきたのにあんな言い方されて、もう許せませんよ~」と。もちろんこれもシャレで、毎回違った土産も別に用意しているのだが、最初は必ず例のチョコの包みを開け、「さ、僕の北海道みやげ、皆さん食べてくださいね」と言いながら一人一人に配って回っている。この押しつけがましさが絶妙で、もう笑うしかない。地元局のバラエティ番組全国放送で一気に人気爆発しただけのことはあるわ。おもろすぎ。

引用元
[PR]
by fromday | 2005-02-09 23:24 | 演劇 映画