思いをつらつらと


by fromday
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

映画 レ・ミゼラブル

今日は、振休でお休み。
美容室に行きたいけど、いつも行ってるところは水曜日はお休みなので、行けず。

水曜日はレディースデイなので、やっと レ・ミゼラブル を見に行きました。

年末に行こうと思ったんだけど、急に忘年会がはいり行けず。
それから、忙しく、ずーと行けなかった。
で、やっと行きました。
もう、上映が始まり2ヶ月以上なので、すいてるかとおもいきや、
レディースディだからでしょうか、お昼なのに、ほぼ満員!
私は2列目で見る羽目に(上演時間ギリギリでしたんで)

こんなに人が多い中で映画をみるなんて久しぶりです。
(前回は、映画館にわたし一人でしたし)

映画は、評判通り、よかった。

迫力あった、当時のパリを見ているようだった(みたことはないが・・・。汚いところは、超汚く、美しいものは美しい映画でした。目を伏せるシーンもあって)

レ・ミゼラブルは以前、ミュージカルを見たことがあります。
あまりの暗さに、途中寝てしまったことを覚えています。
ストーリーはあまり覚えていなくて。

コゼットの恋人とジャンバルジャンが仲良くなかったなあ、というのと革命があったなあ ぐらいしか覚えてなくて。

映画を見て、ストーリーが初めてわかった。

歌は、オン マイ オウン が好きで、いい歌だなあと思っていましたが、
あれって、ああいうシーンの歌だったんですね。
エポニール、あんな両親の下に育ったのに、とてもいい子じゃないか。
コゼットとマリウスは一目惚れでしょ。
エポニール かわいそうじゃない。

で、一目惚れ的な出会いでコゼットのお母さんは不幸になったんだよねえ。

シャベールにしても、彼は罪人の中で育ったんだよね。
で、ジャンバルジャンは自ら罪人になったから、そして、その罪人のなかから、勝手に逃げようとしたから
しつこく追いかけられたんでしょうか?

環境がわるい、世間が悪いかたこんな体たらくっていうのは、
エポニールやシャベールは環境が悪くたって、正しく生きることはできる、(シャベールは正しいかどうか?)
結局は、人の心次第っていうことなんでしょうか?

映画はホントよくて、終わりにはあちこちですすり泣く音が。

ただ、あの、コゼツトの養父母、なんか映画にしめる割合が高くて。
もう少し、カットしてもよかったんじゃないでしょうか。
あの人たちのシーンはなくても、私は困らないけど・・・。

秋にあるミュージカル見に行ってみようかしら・・・。

それにして、平日なのに、人が多くて。
そんなに、平日休みの人が多いのかあ・・・と思いました
[PR]
by fromday | 2013-03-13 18:45 | 演劇 映画