お見舞い

余命何ヶ月と宣告されている人がいて
お見舞いに行きたいと思ってるんだけれどもそれはだめと止められて
もうこの人の声を聞くことができないと思うととても悲しくて
その人との会話とかいろんなことが思い出されて

もう二度と会うことができないんだなぁと思うと本当に悲しい

だから自分を納得させるために
交通事故で
急にいなくなっちゃったことにしよう
抗えない力で会えないんだとそんなことを考えている

ご都合主義にこういう時だけ天国を信じて
いつか天国で
会って話そう って思ってる

そう思うと
少しだけ
気が晴れる

涙は出るけどて


[PR]
by fromday | 2016-05-20 22:08 | 日記