思いをつらつらと


by fromday
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

COMPOSER in シアタードラマシティ

COMPOSER を 観に行ってきました。
今日は仕事は振り替え休日で休んでました。
どうしようか悩んだんですが、家にいても、どうせ、うだうだとテレビをみてるだけだろうと思い、でかけました。

当日券を手に入れるために要した時間は2時間半でした。



時間潰しに角田光代氏の「対岸の彼女」を持参し読み始めたのですが、帰りの車内もあわせて、あと、40ページで読み終わります。なかなか有効な時間の使い方でした。

手にしたチケットは上手がかなり見切れる席だったため、前売りと同額でした。
(ほんと、ぎりぎり席をゲットできたみたい・・・)
上手を見切る席にするか、下手を見切る席にするか、購入時即座に決めなくちゃいけませんでした。私の頭の中は DVDでみたLOOSERの舞台が早送りで映像が。下手の方にたってしゃべってたシーンが多かったかな?下手から登場するシーンが多かったかな?ということで、上手側の席に。
舞台全体を見られた方、私の選択は正しかったでしょうか?
(私的には GOOD だったと思うのですけど)

ストーリーに関する感想はネタバレになるので、避けますが、それ以外の感想を。

・皆さん、背が高い。なんとなく、舞台の役者さんって背が低い人が多いように思ってたんですが(野田秀樹さん 筧利夫さん 上杉祥三さんとか)、みんな背が高い。すらっとしててカッコいい。
・客層に、お母さんとその娘 あるいは 娘 と お母さん (どっちが連れてきてるかで微妙に年齢が異なりますが) が多くてびっくり。
・芝居が始まる前に、「携帯電話を切ってください」の連呼。それだけみんな切らないということ?やはり、芝居に慣れてない人が多いんですかね。

・パンフレットを買いました。なぜか 思い余って、PHOTO CARDS を買ってしまいました。
(なんで?みんなが色々買ってるから、つい、手が伸びてしまった)

芝居自体の感想は、もうちょっと 自分の中で 噛み砕いて理解してから。


リリカルdeシュール の 感想書きました にトラックバックさせていただきました。

*****************
シアタードラマシティについて少々。
シアタードラマシティに行くと思い出すのが、阪神大震災直後のPSY・SのLIVE。結局これがPY・Sの最後のLIVEツアーでしたが。余震の心配をしながら、親に黙って(厳しかったんですよね・・・。すでに大学生だったけどね)LIVEに行き、ここで、大きな余震がきたら、どうしようと思いながら、いたなあ、ということ。
それと、座席にあった芝居のチラシを見てたら、あるチラシのある役者さんの顔が!「げっ!A.M.さんじゃん!」ということで、知り合いでした。そういえば、10年ちょい前、やはりシアタードラマシティに彼がでるからということで、観にきたな、と。
[PR]
by fromday | 2005-06-06 18:57 | 水曜どうでしょうetc