思いをつらつらと


by fromday
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

悲しい出来事

先日 ある試験を受けました。
恥ずかしいくらい、落ちまくっている試験です。
今まで落ちてた理由は 勉強 をしていなかったからです。




受験資格があるので、受けることにしました。
受験資格の半分は、私がいた専攻の卒業時の特典でした。
私は その専攻が 大嫌いで、なんでその専攻に行ったかというと、そこしか受からなかったからです。
ですので、学生当時、座っている授業はほとんど寝てました。
全然、勉強した記憶がありません。
そんなんですので、試験は受かるはずはありません。

3年前に、これではいけないと思い、割と懸命に勉強してみました。
そして、自己採点 2点足らず で 落ちました。
頑張ったのに、とショックを受けて、もう、勉強するのやめようかなあ・・・と。
そして、今年、懸命に勉強してみました。
受験講座も受けにいき、お金も使ってみました。この1ヶ月半は土日は図書館に通ったんですけど。
けれど、自己採点すると、やはり数点足りないようです。
もう、一生 受かんないんじゃないかな。

私は、性格上、力加減をつけるのが非常に下手です。
同時に複数のものがあると、全部同じ力で頑張ってしまいます。(と自分では思います)
結局、すべてがどっちつかずになります。

ですので、とにかくこの資格を受からないと、次のことに進めないような気がして、
そして、今年は、頑張ってみたんですけど・・・。

さらに、自分の中の矛盾が。
受かるためには、懸命に勉強をする必要があるのであれば、仕事しながら辛いのかなと(仕事しながら受かる人もいっぱいいますが)
じゃあ、仕事をやめて受けるかというと、受かったとしても、その資格を活かして仕事をする気にはなりません。
ただ、すっごくおばさんになったときに、この資格があれば、もしかしたら、多少時給のいいパートにつけるかな、というそれくらい。

嫌いな分野の勉強なので、全然 面白くないし・・・。
ほんと、はっきりしない自分の性格が嫌になるし、この態度も嫌だし、いったいなにしたいのかわからないし。

結果はまだ先なんですけど、自己採点をして、なんか すごくショックで。
自分の今までのこと、これからのこと を考え、自己嫌悪。
久しぶりに 涙がでないくらい、悲しい時間をすごしてしまいました。
[PR]
トラックバックURL : http://fromdayto.exblog.jp/tb/4312127
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 勉強法~虎の巻~超効率勉.. at 2006-04-17 03:28
タイトル : 勉強法~虎の巻~超効率勉強法で大学受験・資格試験を攻略!
TB失礼しますm(__)mブログで効率のよい勉強法をご紹介しています。興味がある方はぜひのぞいてみてください。また、楽に勉強するコツも教えているので、勉強嫌いな人も必見です♪... more
Tracked from 『英語格闘伝説』 at 2006-05-13 19:24
タイトル : TOEIC900最短コース
こんにちは。TOEIC900点を半年で取った、英語を効率よく独学する方法をブログで紹介しています。mixiもはじめましたんでよかったら遊びにきてください!... more
Tracked from 副収入で生活向上!人生が.. at 2006-05-25 14:43
タイトル : 副収入で幸せになるサイト発見
良い感じのサイトを発見!あなたは今の収入に満足ですか?副収入でゆとりある生活と家族の幸せを手に入れましょう。お金持ちは見なくても良いです。今に不満がある人はこのサイトを見て、その中身を確認したほうがいいですよ。... more
Commented by nao_ya at 2006-03-31 12:33
こういうときって、悲しくて、なんていうか、力抜けちゃいますよね。
仕事と勉強の両立の矛盾とか、資格に対する自分の考え方とか、お気持ちはよっくわかります。わたしもよく考えることです。
でも、何より行動を起こして頑張ったことは賞賛に値しますよ。はっきりしない性格とかなんてことは全然ないと思います。
Commented by fromday at 2006-03-31 20:55
共感していただいて嬉しいです。
身近な人にはこういうことを言うことができず、思いの丈をここに書いてしまいました。
自分の気持ちはまだ全然はっきりしていないんで今後どうするかわかりませんが、少し、ゆったりして 次の行動を考えてみたいと思ってます。
by fromday | 2006-03-29 00:45 | 日記 | Trackback(3) | Comments(2)