フィレンツェ ~サンマルコ美術館

フィレンツェに戻ると 5時過ぎなので 美術館はすでにクローズ。
そこで、あいている サンマルコ美術館へ行きました。
(行きたい美術館であったんですが、スケジュール的に無理であきらめてたのでいけた事は
ある意味ラッキーでしたが)

ここも 撮影禁止のため 写真はありませんが、
ほんと素敵な美術館でした。

もともと修道院だったということで、絢爛豪華な美術館とは違い、非常に質素。
絵は 額縁にいれられたものではなく、壁画。
小さな部屋の中に キリストにまつわる壁画が書かれていて、開いている扉から覗いてみてまわります。
なにより、1階から上がったところに フラ アンジェリコ の『受胎告知』 が 描かれていて、
「わ~、見に来て良かった」という気持ちになりました。

たった 1時間ほどしか見学できず、駆け足で見たのはほんと残念です。
が、駆け足ででも 見学できてよかったです。

ここは小部屋がたくさんあるんですが、閉館の15分くらい前になると、係りの人が ドアを閉めてしまいました。
帰る準備をしているな?と思い、ショップに行くと、なんと すでに 閉店!
とっても気に入ったので絵はがきを買おうと思ったのに!!!
結局 閉館 10分前には、すっかり 追い出されてしまいました。
(係りの人が すっかり帰るモードなんですもの)

***********
フィレンツェの駅からサンマルコ美術館までの道のりの途中で、国鉄職員の3人の若者をみました。
制服着て 街に繰り出してました。
もう!ストなんかして、街にくりだすなよ~~~、と彼らを見つめていました。
[PR]
by fromday | 2006-05-06 19:00 | 旅行