硫黄島からの手紙

本日 レディスデイ ということで
硫黄島からの手紙  を見に行ってきました。
1ヶ月前に 「父親達の星条旗」を見ました。
そのときも 思ったんですけど、 見て良かった と思う映画でしたが、感動はしませんでした。
泣きもしませんでした。






「父親達の~」の映画では、アメリカが勝利したように匂わせて終わったので、日本が結果としては負けたとしても、精神的には アメリカと五分な戦いをしたのかしら、と思っていたのですが
また、「父親達の~」を見た後に、ネットで少し、この硫黄島の戦いについて調べても、日本が健闘したように書いてあるように思ったのですが、
映画を見て、私の予想とは全く異なり、アメリカ以上に過酷な戦いをしていたということがわかりました。

今の時代の私達にも理解できることもあれば、想像できないこともありますが、
きっと あの戦いは 私が映画を見て感じる何百倍も恐ろしい戦いだったのだろうと思います。
この戦いを知らないということは、やはり この戦いのあった国の未来を生きている者としてどうなんだろうと思いました。
歴史について疎いので、あまり語れる言葉をもっていないのですが、
やはり歴史は、できるだけ多く知っているべきだと思うし、歴史から学ぶもの(この場合は、戦争はすべきでない ということと、勝利した国も負けた国も負うものは大きいということ、どの国の親も子も同じことを思っているという 当たり前のことなんですけど)はあるな と思いました。
(高校で やはり 受験勉強に関係なくても、ここら辺は一般常識として勉強すべきですよね。
ちなみに私は 高校の時、日本史は 明治や世界大戦 まで いけなかったような・・・)

映画では 渡辺謙氏が ホント 素敵に演じられていました。
素敵な 俳優さんだな と改めて思いました。(ラストサムライ みてないので・・・いまさらなんですけどね)

*********
話が外れますが、いつの時代も つく上司によって 運命が変わるんだな とも思いました。
私の上司は 自決するパターンですね・・・。
[PR]
by fromday | 2006-12-21 00:33 | 演劇 映画