思いをつらつらと


by fromday
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:好きなもの( 18 )

英雄は…

島田雅彦氏
「英雄はそこにいる」
を、読みました。

物語だから、と割りきっても、これってこの人がモデルでしょ?クレームこないの?
っていうのがまずの感想。
あと、途中で読むのを止めるのが難しいほど、展開が気になった。
(さすがエンターテーメント!)

「カオスの娘」の続編らしいとはわかっていましたが、数ページ読んだら、
これは「カオスの娘」を読み返した方がいいかなあ、と急ぎ、読み返した。
あまり「カオスの娘」は好きでなかったんで話を忘れてました。

そして、「英雄はそこにいる」を改めて。

マンガみたい。
「自由死刑」よりドラマ向き。
あと、爽快感があった。

でも、英雄だから、許されるんだと思うし、だから英雄なんだと思うし、神話的だからいいんだとおもうけど、なんでそこまでこの「英雄」が、女にも被害者にも愛されるのかわからない…。
それがマンガ的に思えるところなんだろうなあ
また、島田さんにはそんな主題から外れるとこはさておき、なんだろうなあ。
わたしがここを気にするには、ひとえに島田さんの恋愛小説を読みたいからですね。
前作も、前々作も同じこと言ってますが、
ぜひ次は、しっとりした恋愛小説を読みたいです。

(カオスの娘 を 出版されたときに、ぜひ このシャーマン探偵をシリーズ化したい!って言ってたので、
まさしく、有言実行ですねえ)
[PR]
by fromday | 2012-05-19 17:04 | 好きなもの | Trackback | Comments(0)

選考委員!

島田雅彦さんが 芥川賞選考委員になったそうです。

朝日新聞は 「島田雅彦さんが芥川賞選考委員に 6回の落選経験」という見出し。
連載小説も書いてたから、どーんと島田雅彦さんの名前をだしてくれてるのかなあ?と思いきや、
京都新聞も 「6回落選の島田雅彦さん選考委に 芥川賞」と。

島田雅彦さんの本を読み続けて、かれこれ20年を超えてしまいましたが、島田さんって、どーんと見出しになるくらい著名人なんだなあと、改めて思っている次第。

ファンなんで、こういう大役を任されたことは なんとなく 嬉しい・・・。
まあ、もう、当たり前なんだけど、絶対 芥川賞作家には彼はならないわけですね・・・。


ただ、私は、彼のファンなので、どんな本でも、単行本で買っていますが、
そして、買って読んで、「おもしろかったなあ、読んでよかったなあ」というような感想を抱いているんですが、
いまいち、彼の本は 万人に受けるとは思えない。
でも、ちらほらと、文学賞をとっていたりするでしょ。
それって、やはり、世間は認めてるってわけですよね。
私は、確かに 好きで、いい本だなあ と思ってるんだけど、
なんとなく、その感覚を たくさんの人が持ってるというのが 解せない。
たくさんの人が持ってるから、何十年も作家さんをしてるんだろうけど。
みんな どんな感想を抱き、本を読んでるんだろう?

私の周りには、彼のファンはいないので・・・。
(たぶん、名前も知らないんじゃないだろうか?)
[PR]
by fromday | 2010-10-13 01:29 | 好きなもの | Trackback | Comments(0)

読書

島田雅彦さんの「悪貨」を読んだ。

まあ、面白かったけど、
う~ん、現実に起こらないとは言えないなあ・・・っていう感じの話だけど、
次はどうなるんだろう・・・と読み進んだ感じだったけど

まあ、面白い本だった という感想かな。

私は、島田さんのこういう 事件もの の話より、
切なさあふれる恋愛ものの方が好きだなあ。

と思ってたら、前作「徒然王子」を読んだ時にも、おんなじようなことを書いていました。(2009年6月に)

是非 次作は 恋愛もので・・・。

ま、事件ものだろうと恋愛ものだろうと、エッセイだろうと ファンだから 単行本で買っちゃうんだけど。
[PR]
by fromday | 2010-06-29 21:39 | 好きなもの | Trackback | Comments(0)

読書

島田雅彦氏 の 「徒然王子」第一巻、第二巻を読み終えました。
第一巻を土曜日夕方に読み終え、第二巻を買いにいき、そして日曜日に読み終えました。

私は、早く結末を知りたいタイプなんで、とりあえず、まずは読み切る。
かなり流し読みしているので、この後、もう一度、今度はゆっくり読まないと。

第一巻を2/3くらいまで読むまでは、
「う~ん・・・」とうなりながら読んでました。
第一巻を読み終えたら、「うん、二巻を読まなくちゃ!」という気分になり、購入。

ただ、この小説は、新聞に連載されていたもの。
連載小説がこういう内容ってどうなんだろう・・・。
仮に、朝の電車の中で、この小説を読むと、あまりすがすがしい朝にはならないような・・・。

あと、テーマも、新聞的にどうなん?と思ったけど、絶対「虚構」ってわかるからいいのかなあ。
(島田さんの 『 内乱の予感』『子どもを救え!』は、「あれ?この事件って、もしかして、こうだったりするの?」っていうような錯覚を起こしそうな書き方だったけど、そういうのじゃないからいいのかなあ。)

島田雅彦さんの作品をもうかれこれ、20年くらい読んでます。
私が唯一単行本で、無条件に買う作家。

島田さんの前は、村上龍氏が好きでした。でも、文庫本で買ってました。

今、話題の村上春樹氏も 意外と好き。
「世界の終わりとハードボイルドワンダーランド」は かなり読み返してます。
ですので、「1Q84」も読みたいけど、これも 文庫本待ちですね。
いつになったら読めるだろうか・・・。

「徒然王子」は、面白いけど、私は、島田さんのもっと恋愛恋愛している小説が好きなので、
次は、恋愛恋愛している作品だといいなあ・・・ というのが感想。
[PR]
by fromday | 2009-06-15 22:22 | 好きなもの | Trackback | Comments(0)

「TOWER」

ラーメンズ 第17回公演 「TOWER」を見てきました。

よく、笑いました。
「はあ、なるほどねえ」と感心もしました。
あっという間の2時間でした。

ちなみに、18時ダッシュの予定が、会社をでたのは6時20分でした。
タクシーで(740円)会場に行きました。
なんか、『大人』な感じがしました。
帰りは、徒歩(30分)で帰ってきました。
・・・学生な感じになってしまいました。

ここ数か月 18時台に帰ることなんてほとんどなかったんですが、
そんな中、「今からあと30分くらい大丈夫」って、6時に 本社の人から電話がかかってきた。
丁重に、今日は用事があるから・・・と火曜日に延期してもらった。
木曜日も20時までいましたし、水曜日は22時までいました。
火曜日も21時までいました。
なんで、今日なん??

ネタばれせずに感想を少々。

More
[PR]
by fromday | 2009-04-25 10:33 | 好きなもの | Trackback | Comments(0)

ドキドキ

明日は、ラーメンズの第11回公演「TOWER」に行きます!
プレオーダーでチケットをとったら、前から数えた方が断然早い席でした。
ただし、端ですが・・・。

明日は、6時ダッシュで帰ります。
問題は、「京都府立文化芸術会館」に無事つけるかどうか。
時間は、足りるはずなんですが、地図で場所も確認しましたが、なにせ、いったことがないので。
地図でみるとわかりやすいので、大丈夫だと思うけど・・・。

忘れずに、チケットをかばんにいれないと。


*******
昨日は、急な頼まれごとがあり、18時からそのことをしていました。
今日、朝、ありがとうね!とお菓子をもらいました。・・・昨日の急な仕事はバイドだったのかも?と思いました。(しばらく、おやつに不自由しません)

で、昨日、急な頼まれごとのあと、しておかなくちゃいけないことをしようと思ったら、なんとパソコンが起動しませんでした。
なんと、スタートアップができないというエラー。
トラブル解決ナビが起動したけど、結局修復不可能。
この時点で、すでに9時過ぎ。

しかたないので、そのまま帰宅。

気にしながら 今日、会社にいって、システム担当の人に電話で助言をしてもらい、もう一度起動させたら、なんと、正常に起動しました。

お騒がせな・・・。
でも、なんで、昨夜は起動しなかったの?
まだ、使いだして半年くらいしか経ってないのに・・・。
[PR]
by fromday | 2009-04-23 22:21 | 好きなもの | Trackback | Comments(0)

三度目の挑戦?

ニュースで久しぶりに村上春樹氏をみた。
昔、村上春樹氏の本を数冊読みました。
「風の歌を聞け」「1973年のピンボール」「羊をめぐる冒険」
「世界の終りとハードボイルドワンダーランド」
これらは文庫本ですが所有してますし、「羊をめぐる冒険」と「世界の終り・・・」は何回か読み返しています。
内容を理解できているのかどうかはわからないけど、この世界観がなんとなく好きでした。
そして、所有はしていませんが、「ノルウェーの森」も読みました。
ちょうど売れているころで、友達に借りて読んだんだと思うんですけど、
当時の私には、どうしても なぜこの本がベストセラーなのかわかりませんでした。

で、社会人になったころ、再び 「ノルウェーの森」にチャレンジ。
やはり、まだ 理解できませんでした。

今回調べてみたら、どうも主人公と同年代になってるようです。
ということで、3回目のチャレンジをしてみようかと。
今度は、私が小説に追いついて、感動できるんでしょうか?

ちなみに、私は 村上龍氏の小説の方が圧倒的にたくさん読んでます。
なぜ、村上龍氏を読みだしたかというと、たぶん、甲斐よしひろさんが 村上龍氏についてラジオでなにか言ったんだと思う。
今回初めて知りましたが、村上龍氏より春樹氏の方が年上みたいです。
同い年くらいかと思ってました。
[PR]
by fromday | 2009-02-18 02:19 | 好きなもの | Trackback | Comments(0)

TAKEOFF

KKP#5『TAKEOFF~ライト三兄弟~』
を見に行ってきました。

イオン化粧品 シアターBRAVA! って どこ?
って思って、歩いてたら、ここって 昔 劇団四季の劇場だったところですよね。
梅田と京都の四季の劇場は 座席が狭かったなあ と思いながら、席に着きましたが、案の定、狭かった・・・。

少々感想を。(ネタバレはしてないつもりですが)

More
[PR]
by fromday | 2007-09-23 23:35 | 好きなもの | Trackback | Comments(0)
東京書簡 の 片桐仁氏のコラム

毎度 コラムを読みながら、臨場感あふれる文章に 笑ってるんですけど(片桐仁氏は意外とコラムがお上手?)、今回は 写真につっこみをしてしまいました。

片桐仁氏 に 「写真を撮ってください」 と言った カップル!
芸能人だよ・・・。最後まで気づかなかったんでしょうか?

よく笑う例えであるじゃない、「写真お願いします」って言われて、自分が被写体かと思えば、カメラマンの依頼だった、というのが。まさにその通りだったんでしょうか?

ディズニーランド の 白雪姫のアトラクションは非常に興味を持ちました・・・。


小林賢太郎氏もお芝居の再演をするようですので、また なんとかチケットがとれるように頑張らないといけませんね。売り出しは 7月21日!熱い21日になりそうです・・・。
[PR]
by fromday | 2007-06-24 02:32 | 好きなもの | Trackback | Comments(0)

サイン会

6月13日 島田雅彦さんのサイン会にいってきました。

仕事が6時過ぎまでありましたので、到着は 6時半過ぎ。
トークもあったのですが、トークは15分ほどしか聞けませんでしたが、それでも、いい話を聞きました。

新作 「カオスの娘 ~シャーマン探偵ナルコ」 の発売記念のサイン会。
島田さん曰く、 シャーマン探偵ナルコ をキャラクターとして独立させ、シリーズ化したら
時間も空き、思う存分 自分の書きたいものに時間が避けるので、ぜひとも・・・。というようなことを言ってらっしゃいました。
こういうことを さらっと 嫌味なく言ってしまう 島田さんが やはり 私の母性本能をくすぐるのだわと。

本にサインをしていただき、握手をしてもらいましたが、すっごく、しっかりと握ってくださったのはびっくり。まさしく、ギュッ と。
知らない人と握手なんて、この商売も大変だなと。

帰りの新幹線で 本を読みながら、毎回思いますが、
「この文体、この文章 を読めて幸せ!」と。
まだ 新作を読み終えてませんが、次の新作を読むことを既に楽しみにしています。

島田雅彦さんの作品は どうして 私の心にひっかかるのだろう・・・。と思うことがあるのですが、たぶん、この文体 が 好きなんだろうな と思いました。

********
サイン会会場について 着席したときに、思ったんですが、
京都土産をもってこればよかった!
ちゃんと怪しくないように お店でラッピングしてもらった、密封している、毒がはいるわけない と安心できるようなお菓子か漬物でも買ってきたら、サインしてもらうときに渡せたじゃん!と。
ちょっと 失敗したなあ・・・。次回への反省。
[PR]
by fromday | 2007-06-16 13:33 | 好きなもの | Trackback | Comments(0)