思いをつらつらと


by fromday
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ:Matsuura San( 33 )

LIVE MACHINGER

松浦雅也さんの デビュー30周年LIVEに

私の松浦さん歴は29年ってこと

29年前からずーっと好きな曲 聴き続けられる曲があるってのはとても幸せ!

一番最初にPSY・Sを聞いた時 わ〜 凄いなあ〜 ってビックリした。
それから新しい曲を聞くたびに びっくりして、凄いなあ〜 、楽しいなあ〜、素敵だなあ っておもってた

当時、友人にPSY・Sを紹介する時
「アルバムごとにタイプが違うんだけどー」と言ったのを覚えている

毎回アルバムを聞く度にびっくりしてた

そして今回のライブはなんと教会。
昨年のライブも、「ええええっ!!こんな試行?!」ってびっくりしたけど、昨年を踏まえると絶対、教会って異質だろう!!って。

で実際、参加してみて、
びっくりして、凄いなあ〜、楽しいなあ〜、素敵だなあ って思った。



感想というか覚書
[PR]
by fromday | 2015-09-18 23:59 | Matsuura San | Trackback | Comments(0)

私がHAPPY!!

本日は松浦雅也さんの54歳のお誕生日!

Facebookでおめでとうメッセージを送った
(どうしたら送れるかわからないまま、ドキドキしながら…
出来たのかどうかわからなかったんですが)

そうしたら
お返事が

私こそが
HAPPY!な気持ち

松浦さんの活躍や才能が
本当に私を幸せにしてくれる〜
b0010914_23570431.jpg

[PR]
by fromday | 2015-06-16 23:45 | Matsuura San | Trackback | Comments(0)

hanashi hanbunka

松浦雅也さんのライブ hanashi-hanbunka にいってきました

松浦歴長いんですが初めて年に3回もライブに行った!!

行くことを悩みに悩みに、11月に入ってからやっと決心。

フレンチミュージカルコンサートにいってるのに、ずーと好きな松浦さんに会いに行かないの?!

あら、私の本命は?!

躊躇してるのは二週間前に東京に遊びに行ってるからで、これが12月だったら行くよなあ

次いつライブあるかわかんないやん

と自問自答し
直前に決断しました

ってことで本命は松浦さんだったということで…

三月の春は久しぶり感と同窓生パワーと関西ノリでアットホーム感が漂ってましたが
今回は四回目ってこともあり安定感と東京らしく熱いけど落ち着いたライブでした

masayARをインストールし、スクリーンに写真が表示されたら、楽しんでてくださいって。

かざしてびっくり
花がモコモコと湧いて出たり
鳥がとんだり
小さい人形が回ったり
地球が回ったり

なんで??

そして 見るだけ?
写真撮っていいの?
悩む…。

三月より曲も多く
休憩時間もあり
全く話半分じゃない音楽いっぱいのライブでした








順不同で思い出せたものを…
[PR]
by fromday | 2014-11-03 23:52 | Matsuura San | Trackback | Comments(0)

思い続けた!!

昨日、おとといと、ずーと高校の時から好きだった、松浦雅也さん(元PSY・S)のライブを見て、
再び松浦雅也さん熱がかなりの勢いで再燃中。

基本的には、PSY・Sを聞き出してから、私にとっては、常に彼らの曲が、ヒットチャート上位にあり、常にヘビロテ。
ipodにはずーと入ってます。という状態でした。
(この2年間は、異国の目の青い男性に心を奪われてましたが・・・。)

彼が目立った音楽活動をしなくなった、十数年。
彼の音楽活動をじっとまっててよかったなあ、と思うことのできる二日間でした。

ここから、また十年待つのはつらいんですけど・・・。

ライブハウスへの行き方もわかったんで、ぜひ、2年に1回くらい、こんな感じなことをしてくれればうれしいなあ。

今回改めて思ったこと。
私は、PSY・Sが好きというより、松浦さんの音楽が好きだったんだなあと認識。
松浦さんの音楽って、とても楽しい。
悲しそう、暗そうに見えてもとても楽しい。
WINTAは9.11を忘れないために
huge hug は 3.11を忘れないために
作った曲だそうですが、
こんなくらい悲しい日をこんな楽しげな曲で表現できるってすごい。
音楽はやはり「楽しく」なくちゃいけないんだ、と。
そして、それをやってのける松浦さんが、その音楽が好きなんだなあ。


[PR]
by fromday | 2014-03-09 08:50 | Matsuura San | Trackback | Comments(0)

special live

みやこメッセ の bitsummit2014 を見に行きました。
松浦雅也さんのLIVEを見に。

もともと高島屋のファミリーセールに今日は行く予定だったんですが、なんと、同じ場所で松浦さんがLIVEをするとのこと。
昨日のライブの時は、一言を告知されていませんでしたが、ほんと気づいてよかった。

松浦さんのライブが始まる30分前から、会場で プレゼンを聞き、
結果、一番前でライブを見ることに。
超緊張。
しかも自ら望んで、松浦さんの前あたりを陣取ったもので(そのほうが、松浦さんとスクリーンを同時にみれるなあと)
松浦さんを直視するのが恥ずかしくて・・・。
なんて、ぜいたくな・・・。

昨日に続いて、ライブを堪能。
9曲くらい演奏されてたかしら。

今日も、Brand new menu を見ました(聞きました)
本当に、楽しい気持ち!

演奏が終わり、握手して下さい って言える距離にいたんだけど、後片付けしてたし、関係者があいさつにいってたんで、
さすがに、お仕事の邪魔をするように思えて、握手してくださいは言えませんでした。
私は、ゲーム関係者でもないし・・・。

b0010914_22012499.jpg
演奏が始まる前の準備中の松浦さん。
始まる前だから、写真とってもいいかなあ、と。
なるべく、こっちに目線がきてないときに、パチリ。
ストーカーかよ・・・。

はじめて、2日連続 松浦さんを見た。

[PR]
by fromday | 2014-03-08 22:14 | Matsuura San | Trackback | Comments(0)

Hanashi-Hanbun

3月7日 松浦雅也さんのライブに行ってきました!
参加できたことは本当に幸せでした。
b0010914_11372450.jpg



スクリーンに映像が映し出され、松浦さんがその脇で演奏をするというスタイル。
ライブのタイトルは hanashi-hanbun ですが、最近の活動は講演が多く、ライブの準備もあまりできてなかったので、
半分くらいは話をするかも。話をしてもいいように 話半分 というタイトルにしたけど、誰も気づかない、とのこと。
15曲くらい(もっとかなあ)演奏され、きちんと音楽ライブでした。

演奏の中で、Brand-new menu がありました。
私の松浦歴はここからスタートなので、ノスタルディな気持ちでうるうる。
20年以上前(30年弱というほうが、正しいかもしれませんが、30とは言いたくない)
それ以上に、当時私がイメージしていた曲のイメージ通りの映像が映し出され、それでさらにうるうる。
こういう気持ちで毎日生きていかなきゃ!がんばらなきゃ!こういう未来がまってる!って思ってたし、これからも思わないと・・・とうるうる。

この映像ほしいなあ、これを毎日朝、見たら、きっとポジティブな一日が送れる・・・。

PSY・Sの曲は抵抗があり、演奏してなかったけれど、僕しかできないんで・・・と言っておられました。

そうです。聞いてもらわないと!
確かに、PSY・Sは昔の曲で、それを聞くと、聞いてる私たちもノスタルディーな気分に感動しますが、今回、その過去の曲も、今な曲にアレンジさら、今の曲として、演奏され、当時は、だいぶ先いってる感のあるPSY・Sでしたが、今は、半歩先いってる という感じで、今でもみんなが楽しめると私は思いました。

映像の中で、ペンギンロボットに乗ってる松浦さんキャラ(ロボットの中で演奏し、そのまま歩く)が出てくるんですが、これって私の松浦さんのイメージにぴったり。
今回話している内容は、サウンドストリートで話していた時と同じような単語が並んでました(インタラクティブとか)
そう思うと、当時(20年以上前)に今みたいなことを考えてたんだなあ、と。
やっと、時代が、彼のしたいことを実現できる時代に追いついたのかなあ。とそんなことを思いました。

松浦さんの才能、発想の新しさ、ユニークさ、楽しい音楽の数々、に触れた2時間でした。
ホント、幸せ。
また、ぜひライブを。

ライブ終了後、写真を撮っておられる方がいたので、私も勇気を振り絞りお願いし、とっていただきました。
私はテンパり、気の利いたことも話せず。よかったですの一言もいったかどうか記憶がない。

帰宅し、聞くことのできない アナログレコードをみつめつつ、感動しているなか思い出したことが。
高校のとき、松浦さんとすれ違い、その時に、テンパりなにも言えなかったんで、次に会ったときは「握手してください」っていおうと思って、それから、「握手してください」のイメトレを。(で、その後、もう一度お会いでき、握手してもらいました)
私って、成長してないやん!!
また、次の機会を期待し、「握手してください」のイメトレをしなくては。




[PR]
by fromday | 2014-03-08 11:33 | Matsuura San | Trackback | Comments(0)

お揃い~

PSY・Sの「Psyclopedia」が12月12日に家に到着しました!

嬉しくて、並べてみました
どうせだったら、古いのとと一緒に並べました。下が今回の紙ジャケ仕様のCD。コンパクトでいいですねえ~。
(小学生の頃カードやらおもちゃを並べた気持ちで「お揃い~」と並べました)

で、せっかくなので、
以前、購入して2枚になった CDと アトラスのケースも一緒に並べました。
b0010914_14291544.jpg


圧巻!
[PR]
by fromday | 2012-12-15 14:30 | Matsuura San | Trackback | Comments(2)

ニュートン…

松浦雅也さんのFaceBookをみたら
ニュートンスタジオが閉じられたとのことが。

まだあったことに驚きもしました。

アップされてる何枚かの写真。
私には初めて見る室内ですが、窓からの風景は、私にとっても懐かしい。
私は地面からの目線であとこんなに遅い時間ではないけど。


あと、PSY・SのBoxのサンプル?の写真もあって、もうすぐですね~
楽しみ


まだ私の自由時間のほとんどは mate kamarasさんに費やしてますが、この二週間はだいぶ軽度になってきてきてまして、PSY・Sが届く頃には、もっと軽減されてるかしら?
[PR]
by fromday | 2012-12-03 02:42 | Matsuura San | Trackback | Comments(2)

14枚入box!

PSY・S 音楽活動30周年を記念した14枚組ボックス『Psyclopedia』が12月発売

すごーい!14枚組って!!
それよりなによりすごいのは、音楽活動30周年ってこと!
30周年って?!
どうりで私が年取るはずだ・・・。

でも、半分位は、音楽活動してないやん・・・。

全部CD持ってるんですけどね、BOXだし、記念だし、もう、大人なもんで、お金もあるんで、買っちゃうねえ~。買わないとねえ~。ってことで予約しちゃったもんね。

こうやって、当時のファンはお金ある世代になっちゃってるから買っちゃうんだよねえ。

それにしても前回、リマスタ盤が出たとき、買わなくてよかった。
流石に3枚も同じCDはいらないし。

松浦さんがリマスタに関わっているみたいなので、これを機に音楽活動にまた目覚めていただければ嬉しいんですが。

私のiPod は もうずーと普通に毎年psy・sがヘビロテ状態なんですが、これで、またまだヘビロテ状態が継続するわけです。
いつまで、20世紀なんだ・・・。
ま、いい音楽は世紀を超えて、永遠に!ってことで。
[PR]
by fromday | 2012-09-08 23:05 | Matsuura San | Trackback | Comments(3)

七音社

代表取締役 松浦雅也 の 株式会社 七音社 の HPがリニューアルされてました。

・・・う~ん。
以前の方が、松浦雅也さんぽくて(七音社ぽいかどうかは、ゲームあんまりしないんでわかんないけど)
よかったのに。
どこをどう押したらいいかわからないHPであったが・・・。

今度のは、なんとなく、「ゲーム会社」っぽい感じがするかなあ。(ゲームをしない私の感想)

変わってしまったのは仕方ない・・・。

以前のHPは 情報のアップがほとんどなかったので(ここで情報を得たことは皆無)、是非、こまめな情報提供をしていただければ と思います。

ひとつ気になることが・・・。

七音社のHPに動画が載ってます。
(動画自体は、以前に見ていたり、も~~~~~~~と長いのを見てたりするので、別にどうってことないんですが)
その動画は、Youtubeにも投稿されてます。
(そういえば 私が初めて、Youtubeという言葉を知ったのは、松浦さんのレコミでの日記でした。
さも、当然のように書いていて、私は、何のことだがわからず、「????」と思っていたのを今、思い出しました)

で、Youtubeの説明やタグが 英語 ってことが気になります。

ターゲットは海外?日本以外なん???

今までも、たくさんの松浦さんの最新情報は英語のHPでがっかりしてきた私ですが、公式的に英語だけ!っていう感じになると、なんかちょっとさびしいなあ・・・ というか、
「おい?!」っていう気持ちになりました。


私は、携帯をスマートフォンにしましたが・・・。
松浦さんのゲーム WINtAが つい先日 配信されたということで、だったら、iPhoneに乗り換えればよかったかなあ。
すっかり、WINtAの存在忘れてました。

にしても、気をつけてスマートフォンを取り扱っていますが、パケット代があっという間に、上限に。

今までが、最小限的な携帯代だったので、気をつけなくては。
[PR]
by fromday | 2010-12-22 00:38 | Matsuura San | Trackback | Comments(2)