カテゴリ:演劇 映画( 50 )

銀のエンゼル

遅ればせながら、先週 映画『銀のエンゼル』を見てきました。
平日のレイトショーで見てきました。
(そのためがお客さんはすごく少なかったです。みんな、大阪で見たのかしら・・・)

More
[PR]
by fromday | 2005-03-12 18:43 | 演劇 映画

映画『オペラ座の怪人』

公開3週目にして やっと 映画『オペラ座の怪人』を観に行ってきました。
思った以上に多いお客さんにびっくりしました。

私は、ミュージカルの『オペラ座の怪人』を数回観ているのですが、
期待を裏切らない、それでいて、ミュージカルでは読み取れなかった(私の理解不足?)ストーリーがわかり、豪華で、当時のオペラ座ってこんなんだったんだろうなあ、と思う、素敵な映画でした。

More
[PR]
by fromday | 2005-02-20 22:16 | 演劇 映画

裏話?

救命病棟24時 で 代議士の秘書役をしている 小須田康人さんの 日記に 大泉さんのことが書いてありました。
他にも撮影の裏話もかかれてます。

なるほど、共演者が何か書いてるかも?とちょっと検索してみましたが、残念ながら見つけれませんでした。

小須田さんは 第三舞台 の役者さんで、大泉さんも 見ていたようです。
「私も見てるし、DVDも持ってるし~」と。
第三舞台 の役者さんで一番好きな男優さんは実は 小須田さんだったりするので。
(女優では 長野里美さんが好き。)

日記の内容・・・

More
[PR]
by fromday | 2005-02-09 23:24 | 演劇 映画
最近はめっきり本を読まなくなりましたが、好きな作家が2名。
一番最初に、作家を意識して読んだのは、村上龍氏。
もちろん、理由は 甲斐よしひろさんが、「いい」と言ったから。

More
[PR]
by fromday | 2005-01-25 01:35 | 演劇 映画

LOOSER DVD

TEAM-NACS の LOOSER のDVDを購入しました。

大泉洋さんが芝居をしている姿を初めてまともにみました。

***感想を少し
・大泉さんは、「作った役」をするととても映えて素敵。「芝居」が上手いってことでしょうか?
 (舞台映えする。語らせるとカッコいい)
・安田さん が 想像と違って 「役者さん」だったのに驚いた。(だって 「DNA」な安田さんしかみたことないので)
・思った以上に、セットが豪華 照明が豪華 お金かかってる?
・五人でたくさんの役を良く頑張った!
・ストーリーは面白かった。NHKの『新撰組』を見てたので、新撰組の内容をしってるからか飲み込みやすかった。たぶん 書かれた森崎さんは、これを書いたとき、うま~くストーリーが組み込めて 「天才かも?」って思ったんじゃないかなあとおもった。(土方と坂本 土方と薬 ってところとか)
・発想や着眼点が面白いと思った。

・とりあえず、6月の 大阪でする芝居を観に行こう と思った

男5人の芝居ということで、第三舞台の 「朝日のような夕日をつれて」を思い出した。
(鴻上尚史氏率いる 第三舞台 の 旗揚げ作品で、何度も再演されている作品。男5人のみが登場する舞台)

NACS CAMP の映像の中で 昔の 芝居の映像があった。それを見ていると、なんとなく「朝日」っぽい雰囲気があるようなないような。

時期はあわないけれど、「朝日~’97」は 北海道でも公演されているので、もしかしたらみてるのかも?私も「朝日~’97」は大阪で見たので、もし見てたらうれしかったりして。
[PR]
by fromday | 2005-01-22 01:21 | 演劇 映画

走れメルス

野田地図 走れメルス を観ました。(東京 シアターコクーン  1月8日)

新幹線にのって 東京まで初めて芝居を観に行きました。
遠路はるばるいったんだけど、私の席は 3階の一番後ろでした。
野田秀樹さん を20年くらいまえから好きで、大阪での公演は 割と観ていました。
今回は東京しかないということと、夢の遊眠社 時代の作品ということで東京まで行くことにしました。
走れメルス は 本はもってて、読んでしたが、どうしても内容がわかりませんでした。(この作品に限らず、他の作品もわかりませんが・・・。見た作品も十分わかりませんが)
今回 舞台でみて、初めて何割かわかったような気がしました。
多少ですが、十数年間のなぞが少し解けた気がしました。

感想

ストーリーは、私的にはある程度わかったつもりなんですが、説明するほどはわかってないので書けません。
ただ、切ないラブストーリー と 人は自分で道を開いていかないといけないんだ
という風に私は受け取りました。

舞台装置(っていうのかな?) 舞台のつくりにびっくり。
 私が 野田さんを好きな理由は、
  思い浮かばないことをいつもしてくれること。
  見てて、いつもびっくりできること。
 ということで、今回の演出も、「すご~い こんなこともできるんだ。
 ほんとに、そんな風にみえる~」というものでした。

野田秀樹さんのおばさん役は定評がありますが、今回もばっちり!
 (私は野田さんファンなのでもっとでまくる役の方がうれしいけど)
深津絵里さん が芝居が上手いのは当然ですが 小西真奈美さん が芝居が上手くてびっくり。パンフレットを見たら つかこうへい氏の作品に多く出ているようで、テレビのイメージと違って好印象。

中村勘太郎さん も さすが 歌舞伎という土台があって、とても素敵でした。
河原雅彦さん ははじめた見たのですが、写真等では怖く見えるのに、芝居はかわいいキャラでびっくり。
古田新太さん は 思ったとおり 見てて安心 楽しくて、いい役でした。

特に好きなシーンは

 七人の刑事が メルス の居場所のガセ情報に翻弄されているシーン。
 ビデオを巻き戻すような7人の動き。生身の人間でもあんなことができるんだと。

 青春歌集 が 白紙 であるということがわかった 芙蓉とスルメのシーン。

ハッピーエンドではないんですが、妙にすがすがしい気持ちで見終わりました。

好き嫌いはあるだろうけれど、いい舞台だと思います。
東京は、お芝居をする場所がたくさんあり、気軽にいろんなお芝居がみれて、いいなあと。
やはり、本物のいいものを見る っていうことが大切。
[PR]
by fromday | 2005-01-10 21:28 | 演劇 映画
島田雅彦さん 作 の オペラ Jr.バタフライ が 神戸で上演されます。
チケット発売は12/2だったようですが、私がこのことをしったのが、6日。
そして、チケットを購入することにしました。
見られたかたの感想なんかをWEBで見たら、割といい評価だったので。
オペラを見るのは初めて。
(web ぴあで探すときに、演劇で探してたらみつからなくて。オペラはクラッシックというカテゴリーにはいるというのを知って、とてもびっくりした)

島田雅彦さんは私の好きな作家さん。
18歳のときにたまたま、手にとった新刊の文庫本。
なぜかわからないけど購入。「僕は模造人間」
読み終わって、「この本を読むんじゃなかった・・・」と読後は最悪。
だけど、なぜか、気になって、さらに 文庫本を手にとり、デビュー作と2作目3作目を購入。
4冊読み終わったところで、なぜかファンになってしまいました。
いまだになぜ好きになったのかはわからない。
たぶん、出てくる主人公が 母性本能をくすぐるからだろうと思うんだけど。
それからの新作は、単行本で購入。
面白い面白くないにかかわらずとにかく購入。
新作がでるのがとても楽しみ。
それまでに好きだったのは、村上龍氏。
でも村上龍氏の本は、文庫本になったら購入してたんだけど。

で、また新作がでたようなので、買わなくちゃいけない。
先日買った本もまだ読んでないけど。
[PR]
by fromday | 2004-12-09 00:04 | 演劇 映画

レプリーク 到着

今ほど、宅配が届き、amazonに頼んだ レプリーク が到着しました。

とりあえず、目次をみて TEAM-NACSのページを。

確かに、
「超イカした風の兄ちゃん達が階段に思い思いに立って夕陽に照らされながら川見とんねん!! 」
風の写真でした。

・・・だまされるかも・・・そして裏切られるかも・・・。
でも、こういうギャップに耐えられた人はずっとついてきてくれる人かも。
(私は どうなんだろう。初心者だし。だまされてるところかなあ)

大泉さんの芝居との最初の出会い は 夢の遊眠社の「半神」のビデオということで。
やだ 私も見てるじゃない(生でもみたけど)
なんか、同じものを知らないうちに共有していたみたいでうれしい。
しかし、まさか、大泉さんが遊眠社をみてるとは。

特集の 野田地図 の ページ数もかなりあるので、勢いで購入してしまったけど、
割といい買い物だったかも?
[PR]
by fromday | 2004-11-20 10:04 | 演劇 映画

レプリーク を購入

CUE の ダイアリー の 大泉洋さんの書き込みをみて、
「レプリーク って どんな雑誌?」って調べたら
特集が 野田秀樹さん だった。 
ということで、大泉さんの薦める写真も是非みたいので、購入することを決定。
amazonで購入。
なにか、一緒に購入するものはなかったかなあ、と考えたところ、そういえば 島田雅彦さんが新刊をだしてたんだった ということを思い出し、それとともに購入。いつ届くかな?

「レプリーク」の 特集にある、 NODA MAP の 「走れメルス」 は、来年、東京に観に行きます。初めて、芝居を観に東京に行きます。

私がお芝居を好きになったきっかけは 野田秀樹さん率いる夢の遊眠社のお芝居をみて。
いままで、大阪にきた芝居は、できるだけ観にいっています。
予想を裏切る 展開やストーリーや演出が とても好き。

「走れメルス」の戯曲は読んでて、前々から観てみたかった作品。

私の好きなものと好きなものが、私の力なく、くっついているととても嬉しい。
運命って感じ。

以前、私の好きな 松浦雅也さんと島田雅彦さんが雑誌で対談(もう一人誰かいたけど覚えてない)した時、「やはり、私が二人を好きになったのは、なるべきしてなったんだわ!」と思ったことを思い出しました。
[PR]
by fromday | 2004-11-18 23:51 | 演劇 映画
マイ フェア レディ 大地真央主演 を見てきました。
いつもは こんな高い芝居は見に行けないのですが、母がS席券2枚を手にいれたので、便乗していってきました。
お金のかかっている舞台は衣装も豪華でセットもこってて、生オーケストラで・・・気分がリッチになりました。

マイ フェア レディ はテレビで映画を見たことはあると思うのですが、あまりストーリーを覚えていなくて、こんなストーリーかあ と思いながら観劇しました。

大地真央さんが ほんと美しい。とてもお似合い。思わず帰宅し、彼女の年を調べてしまいました。
舞踏会での 白いドレス 赤いコート は 見てて、ためいき。見てて心地よかったです。

ミュージカルは台詞のすくない脇役の方も、歌って踊れる(たぶん、メインの人よりより歌え、より踊れる 練習している)人ばかりなので、歌い踊るシーンでは舞台のどこをみても、満足できるので、心リフレッシュして帰宅しました。

前から 秋にある「エリザベート」を見たいなあと思ってたけど、今日も舞台をみて、一番安い席でいいから購入していこう!という気になりました。
[PR]
by fromday | 2004-08-20 23:59 | 演劇 映画