思いをつらつらと


by fromday
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:TV( 44 )

救命病棟24時 6夜

小島先生の婚約者がドラマの冒頭で亡くなられました。

今日は切ないモードのドラマでした。
(一応目当ては大泉さんなので、先週より登場シーンも多く、よかったですが)

ボランティアの子のシーンを見てて、思い出したこと。
去年の秋の台風のとき、災害ボランティアに行きたいなあということを知人と話していましたが、私には、災害のときに何をしたらいいかわからないし、変に足手まといになってしまうんではないかということで、辞めました。

防災グッズを用意しようしようと思いながら、結局まだ手付かず。
寺泉先生の言葉をきいて、用意をせねば と改めて思いました。
助けてもらう意識ではだめですよね。

来週は、救命病棟外の話みたいなので、大泉さんはまた登場は少ないんでしょうか?

最後の告知の大泉さん 思いっきりな 笑顔 に 爆笑してしまいました。
[PR]
by fromday | 2005-02-16 00:39 | TV

錯覚してしまう・・・

テレビで紅白歌合戦がめでたく 紅組優勝で終わりました。

ゆるゆると 七時ごろから見てたんですが、なんか気分が年末モードに突入してしまいました。
明日も明後日も休みということで、年末気分になってしまいそうです・・・。
[PR]
by fromday | 2005-02-11 21:47 | TV
救命病棟24時 第5回。
本日は、2つの親子がクローズアップされてたので、大泉さんはほとんど出てませんでした。
出たのは3シーン?(3瞬間?)

来週の予告には大泉さんの姿があったので、来週はもう少し出るかな?
(私のこのドラマを見る目的は大泉さんですからねえ)

ストーリーについては、自分と両親に置き換えてみてしまうと、考えてしまうし、ちょっとウルウルと。


CUE DIARY で 大泉さんが
  もしドラマの中では佐倉さんが見足りないという方は是非見てみて下さいね~。
ということなので、
救命病棟24時のHP の  「大泉洋のこの人だ~れ?」  を見ました。
が、たぶん、 結構、 大泉さん自身のことを 「この人だ~れ?」って思っている人多いんだと思うんだけど・・・。
[PR]
by fromday | 2005-02-08 22:27 | TV

救命病棟24時 4話

大泉さん の話から。
今日は、すっかりスタッフとして溶け込んでましたね。あんなに、大友さんに嫌がられてるのに、大友さんに気をつかうなんて、やっぱりいい人じゃない・・・。

医大生がいうように、医局長 は 立派だと思う。医者だろうと管理者は影で頑張っているのを、研修医はわからないんだろうなあ。弟の方がお兄ちゃんより人を見る目があるように思いました。(すっごく、頼りない私の課の課長も実は、影でいろいろしてくれてんだろうか・・・絶対そんなことありえん)

ドラマではこの地区にはまったく救援物資がきていなかったようですが、実際にこんな風になったら大変です。でも、こういうのが現実なのかも。

小島先生も婚約者と会えて、婚約者も一難は去って、本当によかった。
いびつになりつつある人間関係も、一応、修復できつつあるようですし。

このあとどうなっていくんでしょうね。


・・・・ちょっとドラマに突っ込みを。
病院が大変!!人手不足!!っていってるけど、その割にはなんか人が少ないような気が。婚約者を手術しているとき、廊下にたってみてる余裕があるのはなぜ?(ER ならありえないよねえ)
[PR]
by fromday | 2005-02-01 23:16 | TV

救命病棟24時 3回目

今日は、19時から打ち合わせ。22時近くまであり、今ほど、録画を見終えました。

一応、つっこみから。
MEGUMI の あの ピンクのブーツはおかしいやろ、と。
あんだけ東京が被害に会っているなら、化粧はいいとして、運動靴で普通いくだろう・・・。
(あるいは、地震当日の格好で、服を着替えず戻って来たという設定?)

でも、阪神大震災のとき、兵庫県に住んでいる知人は、彼女の家の付近は全然被害がなくて、普通に化粧をばっちりして、ヒールを履いて、三ノ宮の職場にいったら、すごい被害で、大ブーイングされた、と言ってました。(ちなみに彼女は病院職員でした 看護士じゃないけど)
だからある意味、MEGUMIのあの格好もありかも?

大泉洋さん、多く出てましたね。
先週までは、なんか違和感を感じてましたが、今週は、スタッフに溶け込んでいるように見えました。

cue diary の 大泉さん 2005/01/25(Tue.) 20:59  の書き込み
    うお~!! はじまる~!! 初めて家で救命見るぞ~!! 緊張する~!!
どんな風に見られたんでしょうね。 
[PR]
by fromday | 2005-01-26 00:38 | TV

いい役かも・・・。 

救命病棟24時 を見ました。
ここ数日、阪神淡路大震災の特集番組で地震の話を多く見聞きしていたので、その続きの感覚で見てしまい、ドラマというような気持ちでは見れませんでした。
ドラマが終わり、チャンネルを変えると 地震の速報が・・・。
新潟県でまた地震。
新潟県の人は、これこそ、ドラマというように受け止められないだろうなあと思いました。

嵐の前の静けさの病院。
そして、進藤先生の トリアージ。
トリアージの必要性はわかるけれど、実際に自分がその場に居たら(そうされたら)どうなんだろう、と考えてしまいました。

大泉洋氏はドラマの中で走り回っていましたね。
非常に、かわいそうで面白い。
けれど、最後、屋上にいった佐倉氏が見た東京の風景。
このシーンてなくちゃならないシーンじゃない?ってことは大泉さんっていい役なのかも?
今のところ、MEGUMIさんよりいい役に見えます。

大泉さんが、ほっとする役 と言ってましたが、確かに、佐倉氏が出てくるとほっとしますね。
それは、私が大泉さんのファンだからというわけではなく、大泉さんを知らない人も、佐倉氏を見るとほっとするんじゃないかと思います。やはり、いい役みたいです。
[PR]
by fromday | 2005-01-18 22:45 | TV

データマップ

NHK のデータマップ をみつつ。

感染症 の話のようですが、今は鳥インフルエンザ の感染の話。

鳥インフルエンザ って今年の話?去年の話?
ほんと月日の流れるのが早くて、いつの話だかわからなくなってます。

鳥インフルエンザ で、鶏肉が問題になりましたが、私の仕事にちょっと鶏肉がかかわってたりするので、やや大変だった。

その4年?3年?前かに、狂牛病があったけれど、やはり 牛肉もかかわってたりするので、
このときは、びっくりするくらい大変だった。
8年くらい前、O-157で貝割が なんていってたときなんか、ほんと、どうしょう っていうくらい大変だったのにねえ(貝割ってメインの食材じゃないのにねえ)

ということで、食べ物に問題がある ということは、すごい大変だった 数年前。
今は、
牛肉?鶏肉?豚肉?ほうれん草?ブロッコリー?
すぐ収まるかな、仕方ないよね、次はなに?っていう感じで麻痺してきているように思います。

そんなことを、番組を見ながら、思ってしまいました。
[PR]
by fromday | 2004-12-22 00:54 | TV

四回目 冬のソナタ

本日より、韓国 オリジナル の 冬のソナタ が始まりました。

私は、昨年の BSでの放送を 8割程度見てて、
昨年のこの時期の放送で、完全に見て。
今年の春からの 地上波での放送は3割程度みてました。

そして、今日、やはり、見てしまいました。
最初の2回は、主人公らの高校時代の話なんですが(って、みんな知ってると思うけど)
これは、いい!
こんな思い出はそりゃ10年たっても忘れられないわ って。

毎夜見続けてしまうと、年末があっという間に過ぎて、なにもせずに年があけるということになるので、見ないつもりなのですが(今回は、時間も長いし。すごくはまっているわけではないので)
さあ、四回目の 冬のソナタ  どれだけ見てしまうのでしょうか?

つい、見ると見続けてしまうんですよねえ。
[PR]
by fromday | 2004-12-21 00:47 | TV

NHK大阪

いつも 月曜夜 「英語でしゃべらナイト」をみています。
テレビをつけると、なんか他の番組が?
あれ? ってことで番組表を見ると、NHK大阪の特番が・・・。

誰が この特番をみるの?
この特番のニーズがそんなにあるとは思えないんですが・・・。
時々NHK大阪の感性についていけなくなったりします。

ということで、今日は、NHK教育の フランス語会話 を見ることにします。
[PR]
by fromday | 2004-11-01 23:42 | TV
NHKの その時歴史は動いた を観てました。
普段はあまり見ないのですが、たまたま、目にとまり、見続けてしまいました。(途中からですが)
小さいときにきいた、「かわいそうな象」の後の話でした。
上野動物園に再び象がやってくるのに、子供議会が奮闘し、インドの首相が日本に象を送ってくれるという話でした。
かわいそうな象 の話は有名です。しかし、その後、インドの首相が日本の子供たちのために象をプレゼントしてくれたというのは初耳でした。
こういう歴史は語り継ぐべきものではないかと思います。
戦後、インドも独立し大変であるときに、遠い国の子供のために、象を送ってくれた。
このようなことを知ると、世界のために、日本もできるだけの協力をしなくてはいけない。
少なくとも世界の子供のためには、協力をしなくてはいけない、という意識が高まるのではないかと思うのです。

久しぶりにテレビをみて、関心しました。
[PR]
by fromday | 2004-09-22 22:05 | TV