思いをつらつらと


by fromday
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2006年 05月 ( 13 )   > この月の画像一覧

若返りました

もっと 脳を鍛える大人のDSトレーニング  をしはじめて 本日10日目。
やっと、実年齢より若くなりました!

たった一歳ですが すっごく嬉しい!
[PR]
by fromday | 2006-05-30 23:21 | 日記

POST WATER

KIRIN POST WATER 
を今日 飲んだ。

POST WATER といえば、昔(十数年前)に良く飲んでた。
三角の瓶が きれいで好きだったんだけど。

知らない間に、店頭にないなあと思ったら、全然違う様相の POST WATER が。

飲んだら、なんか全然味も違うような・・・。
っていうか 味、ある?!

私はスポーツ飲料系はあまりすきじゃない。
ポカリもアクエリアスも。
でも なんか POST WATER は好きだったなあ。

今回のこれは・・・。

今の私は NUDA ですね。
(これも 味 ないやん・・・ね~)
[PR]
by fromday | 2006-05-30 01:18 | 日記

万歩計

今日は朝早起きをしたので、ちょっと散歩に行ってみた。
万歩計をつけて歩いてみたら、1時間でだいたい7000歩でした。

普段は 3000歩くらいしかあるいていないような感じがする。

毎日1時間歩くことはできないので、そりゃ、痩せないわけだと納得。
[PR]
by fromday | 2006-05-29 00:39 | 日記

コナン

日曜日 いい大人4人で 名探偵コナン の映画を見に行きました。
(ダヴィンチコードを横目に)

なかなか凝ってて面白かったです。
何箇所か は?というところがありましたが・・・。

さすが 10作品目ということもあり
コナンが使用するグッズについての説明は省略されてました。
みんな知ってて当然ってことなんですね。

2年前も いい大人4人でみましたので
次回は、12作品目を見ようね と。
[PR]
by fromday | 2006-05-23 23:33 | 演劇 映画

DS購入!

nintendo DS lite を購入した。

ゲーム機世代ではないので、テレビゲームはあまりしたことがない。
ロールプレイングゲームは苦手。
弟が持ってた mother を必死で 昔ときましたが。
あと、松浦君がらみで 「パラッパラッパー」も必死でしました。
「パラッパラッパー2」は終わりませんでした・・・。

生まれて初めて自らゲーム機とソフトを購入。
もちろん、買ったのは
「もっと 脳を鍛える大人のためのDSトレーニング」と
「えいご漬け」

後者は本日より、前者は日曜日より頑張ってますが、面白い!
これは続けられそうだ。

DS lite が売り切れてた理由がわかった気がする。

(ちなみに 本日の結果、 実年齢より+10歳 にやっとなりました。)
[PR]
by fromday | 2006-05-23 23:27 | 日記

旅行に行ってきました

ゴールデンウィークに旅行に行ってきました。
8日を有給して、5月3日~8日 フレンツェに行ってきました。

友人が昨年秋より1年間語学留学をしています。
彼女に会いに行ってきました。

実は9年前にイタリアに旅行したことがあります。
そのときにいっしょに行ったのが彼女でした。
そして、彼女は、そのときに、イタリアをかなり気に入り、イタリア語を勉強し、そして、語学留学をしたわけです。
出だしは私と一緒だったのに、こうも大きく変わるのかと・・・。

今回異国の地で一生懸命勉強している彼女を見て、
本当にすごいなあ、と思い、
私も頑張らなくちゃなあ、と思いました。
[PR]
by fromday | 2006-05-10 22:49 | 旅行

フィレンツェ  街並み

b0010914_1525320.jpg

イヌまでおしゃれに見えます。
b0010914_1474441.jpg

フィラガモ本店から歩いて数分のところ路地の風景。
b0010914_151196.jpg

街はあちこち工事中です。
ドーモも外壁の工事中でした。
b0010914_1513526.jpg

レプップリカ広場 メリーゴーランドがありました。
[PR]
by fromday | 2006-05-06 20:00 | 旅行
フィレンツェに戻ると 5時過ぎなので 美術館はすでにクローズ。
そこで、あいている サンマルコ美術館へ行きました。
(行きたい美術館であったんですが、スケジュール的に無理であきらめてたのでいけた事は
ある意味ラッキーでしたが)

ここも 撮影禁止のため 写真はありませんが、
ほんと素敵な美術館でした。

もともと修道院だったということで、絢爛豪華な美術館とは違い、非常に質素。
絵は 額縁にいれられたものではなく、壁画。
小さな部屋の中に キリストにまつわる壁画が書かれていて、開いている扉から覗いてみてまわります。
なにより、1階から上がったところに フラ アンジェリコ の『受胎告知』 が 描かれていて、
「わ~、見に来て良かった」という気持ちになりました。

たった 1時間ほどしか見学できず、駆け足で見たのはほんと残念です。
が、駆け足ででも 見学できてよかったです。

ここは小部屋がたくさんあるんですが、閉館の15分くらい前になると、係りの人が ドアを閉めてしまいました。
帰る準備をしているな?と思い、ショップに行くと、なんと すでに 閉店!
とっても気に入ったので絵はがきを買おうと思ったのに!!!
結局 閉館 10分前には、すっかり 追い出されてしまいました。
(係りの人が すっかり帰るモードなんですもの)

***********
フィレンツェの駅からサンマルコ美術館までの道のりの途中で、国鉄職員の3人の若者をみました。
制服着て 街に繰り出してました。
もう!ストなんかして、街にくりだすなよ~~~、と彼らを見つめていました。
[PR]
by fromday | 2006-05-06 19:00 | 旅行

ピサ

友人と一緒に 電車でピサへ。

自動販売機はあてにならないということで、30分並んで、窓口で切符を購入。
本日の予定は ピサの斜塔をみて、電車で ルッカ という街に行き、フィレンツェに戻ってくるというもの。切符は 帰りの切符も購入。

b0010914_18740.jpg

おもった以上に傾いてました。あちこちで、手を伸ばし、斜塔を押さえる風にして写真を撮っている人がいました。もちろん私も撮りましたが。
b0010914_1824100.jpg

天気は連日いい天気で、帽子 サングラスが必要でした。でも、すっごく汗をかくでもなく、気持ちのいい気候でした。
b0010914_184879.jpg

世界遺産のプレート。はじめてみました。

ドーモを見学し、駅に戻る。
乗ろうと思っていた電車が 掲示板に出ていない。
インフォメーションで確認したところ、50分の電車は運休であるとのこと。次は20分と。
けれど、20分の電車も来ない。イタリアはルーズだからな、と勝手に思って 40分以上、待ったところで、周りを見渡すと、さっきまでたくさんの人が待ってたのに、気づくとみんないない・・・。
あれ?ということで再び インフォメーションへ。
すると、窓口に 「ストライキ」 の紙が。
え?!電車動かないの?!
私が乗りたいルッカ行きの電車は6時になれば動くけど・・・ということ。
だったら、さっき聞いたときに言ってよ!っていうか、ストライキするんだったら、切符を買うときに言ってくれたらいいやん!!!!
時刻はすでに3時を回っていたので、結局、フィレンツェに戻ることにしました。

イタリア人はストをよくする、と聞いていたけど まさか、遭遇するとは思いませんでした。

でも、日本に戻り、ネットで調べると、前から行われる予定だったみたいですね。
下準備が甘かったと思いました。
イタリアに行かれる方は、是非、スト情報もチェックするようにしてください。
[PR]
by fromday | 2006-05-06 15:00 | 旅行
続いて、 ドーモ へ。

ずっと天井を見上げてました。

b0010914_0395163.jpg


ドーモ の 上に登りたかったんですが、こちらも長蛇の列。
あきらめて、誰も並んでいなかった、ジョットの鐘楼 に登りました。
b0010914_0451733.jpg

こんな階段を登ります。
b0010914_046150.jpg

ところどころ小窓があります。
ずっと階段ではなく、途中、フロア(っていうのかな 踊り場?)があります。
まず一個目のフロアからみるドーモ。
b0010914_047846.jpg

2個目のフロアからみるドーモ。
b0010914_0473721.jpg

3個目のフロアからみるドーモ。
b0010914_04803.jpg

そして、一番上に登ってみるドーモ。
b0010914_0482429.jpg

ドーモが大きいのであまりよくわかりませんが、町並みを見ると、だんだ小さくなっているのが
わかります。
b0010914_0534650.jpg

3個目のフロアの床から下がみえます。手を伸ばして写真を撮ってみました。
写真にすると怖さが全く伝わりませんが、すごく怖いです。
ヨーロッパ人と思われるカップルが2人、この下が見えるところに立ってました。
そして彼女が 彼の背中をふざけて押したのを見た私は、思わず声をあげて、カップルに笑われてしまうくらい、怖い高さです。

もうひとつ面白いことが。
一番上で、やはりヨーロッパ人と思われる男性が、セルフタイマーで写真を撮ろうとしていました。カメラを、金網に 寄りかけて。
それを見てやはり、「え?!そんなことをするなんて!」思わず、「撮ります」と声をかけてしまいました。なんて、大胆なことをするのでしょう。
(確かに 日本の ガイドブックには 外国で カメラのシャッターを頼んだら、カメラを撮られるので注意 と書いてあったりしますが、外国のガイドブックにもそう書いてあるんだろうか?!とそんなことを思いました)
[PR]
by fromday | 2006-05-05 18:00 | 旅行