思いをつらつらと


by fromday
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2012年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

クリスマスマーケット

最近の毎日の楽しみは、
ウィーン市庁舎前のクリスマスマーケットを見ることです。

WEB CAMERA で。

b0010914_02479.jpg

b0010914_025297.jpg

今日のウィーンは雨です。

雨なので、人手が少ないようです。

で、このカメラを時々、私は 右に 左に 上にと移動させます。
そうすると、当然写している範囲が変わります。
当たり前なんですが、飛行機で半日くらいかかるところのカメラが動いていると思うと、なんかすごく不思議・・・。
変な気分になります・・・。

実物見たいなあ。

**************
近くでも、いろいろとライトアップやらクリスマスっぽいイベントはしているんだと思いますが、
休日は、ほぼ家にヒッキー状態。家でもだらだらと。体がだるくて、活動ができない。
平日の朝も、「だるい」という気持ちのまま起きて、「だるい」と思いながら、職場に行き、そして、仕事をしだすと、忙しいので、「だるい」ということを忘れ、夜、9時くらいまで働き、そして家に帰ると、ドアあけて靴脱いだ瞬間から「だるい」を思い出す。というような生活です。
ってことはずーと忙しかったら、「だるく」ないってことかい?

b0010914_0352223.jpg
仕事帰りに 新風館で一枚。

明日は、活動的な休日を過ごせるか?!
[PR]
by fromday | 2012-12-24 00:27 | 日記 | Trackback | Comments(0)

お揃い~

PSY・Sの「Psyclopedia」が12月12日に家に到着しました!

嬉しくて、並べてみました
どうせだったら、古いのとと一緒に並べました。下が今回の紙ジャケ仕様のCD。コンパクトでいいですねえ~。
(小学生の頃カードやらおもちゃを並べた気持ちで「お揃い~」と並べました)

で、せっかくなので、
以前、購入して2枚になった CDと アトラスのケースも一緒に並べました。
b0010914_14291544.jpg


圧巻!
[PR]
by fromday | 2012-12-15 14:30 | Matsuura San | Trackback | Comments(2)

観劇をしよう!

大竹しのぶ さん 主演の 「ピアフ」(2月公演)のチケット販売が今日でした。
で、e+であっけなく、10時2分くらいには購入できました。

あっさりとネットでとれることが今までなかったので、
「そうか、私はいつも、取りにくいのを取ろうとしてたのか」と。

なんで、「ピアフ」のチケットを取ろうと思ったかというと、一昨日テレビを見てたらCMをしてて、
大竹しのぶさんが熱演している姿を見て、みたいなあと思ったので。

私は 野田秀樹さんの「ダイバー」で、1列目に座って、大竹しのぶさんを見て、「この人やっぱりすごいなあ」って思ってたので、そういうすごい演技はやはり生でみないとね、と
「エリザベート」のmayaさんを生で見て、生の良さを実感した私は、「見に行こう!」と思ったわけです。

あと、先日、亡くなられた中村勘三郎さんは、私は生では見たことがないんです。いつか見たいなあと思いながら、見れずに・・・。だから見たいなあと思ったときに見なくちゃ!と思ってとりました。


外国語で見るミュージカル好きになりつつある私の次の狙いは
「ノートルダム・ド・パリ」です。
東京は既にチケット発売。名古屋は日程と会場を発表。なのに、大阪はいつまでもなく・・・。
本当に大阪あるの?と不安に毎日のようにhpを見ていたら、梅田芸術劇場ですることが決定したようです。
なにが、問題だったの?!

ってことで3月には梅田芸術劇場に行くことが私の中では決定してます。
(チケットとれるよねえ?)

来年も梅田芸術劇場に通うってことにはならないよね?


11月には、「南河内万歳一座」の「お馬鹿屋敷」を見てきました。
エリザベート → ロミオ&ジュリエット → 「お馬鹿屋敷 → エリザベート という、なんかこのラインナップに入らないだろう普通・・・というツッコミをしたくなるような・・・。

「南河内万歳一座」は「南河内万歳一座」で十分、難しく、面白かったです。
ただ、どんな話?と言われると、答えられないけど。
あと、小さな舞台ですが、セットがとてもうまく作られてて、ほんと、ここから遠いところへ行ったように思いました。

内藤さんが、2月には高知で・・・と言ってました。かつおがおいしいんだそうです。

「南河内・・・」の芝居を見に来ている客層を見ていると、どうも私は、平均より若いように思いました。
最近は見に行くもの見に行くもの平均より私は上にいる場合が多いので、ちょっと嬉しかったりして・・・。
で、「南河内・・・」には 青春18歳差切符 なるものがあるんですが、今回初めてその意味がわかりました。
これって、親子でどうぞってことだったんですね・・・。
私はずっと、そんな年の差カップルって結構いないよねえ って思ってたんです。
えらい勘違いやん!
[PR]
by fromday | 2012-12-10 01:43 | 演劇 映画 | Trackback | Comments(0)

マイボトル

マイボトルを買いました
買ったのはこれ。
b0010914_214321.jpg

色はライムを買いました。
写真では黄色ですが、実物はもっと緑色です。
家に帰りhpを見て、あら?私の買ったのないやん!ってビックリした。

今までは、これを使ってました。


お茶を入れてるんですが、そこについた茶渋を洗うのが大変だなあ、といつも思ってて、
そして今回これを見つけて、「お!?これなら洗うに便利だなあ。しかも、いまより50gも軽い!」ってことで
購入。

大丸カードを持ってるので2割引きで、ポイントを使って、現金支払い91円で購入。


大丸百貨店は年末を彷彿させる人ごみでした。
ホント、気温も低く、名実ともに年末です。
[PR]
by fromday | 2012-12-09 21:16 | 日記 | Trackback | Comments(0)

ウィーン?!

エリザベート ガラ コンサート を見てから、またまた「エリザベート」熱が復活。

決して、「エリザベート」熱が下がっていたわけじゃないので、即、ヒートアップ。
(やって、この2週間ほど、他のことに手がつくようになったのに)

ま、「エリザベート」熱が復活したということで、
様々な方の「エリザベート」の動画を見続けておりまして、そんな中これを見つけました。

ウィーン版エリザベートコンサート の マテの歌は、ここからきてるのかしら?
オクターブ上がらない感じがこんな感じだったかなあ。
CDでいいから出してもらえないかなあ。

で、マテ・カマラス後援会 の facebookに
来年1月11日にウィーン市庁舎でのイベントに出る と。
長い長い(10月10日頃から)日本滞在が終わるってことですね。
シアタークリエの1月3日の公演が終われば、即帰国ということですね。

外国の人ってクリスマスってファミリーで過ごす!っていうイメージがあり、
マテは帰らなくていいのか?日本にいていいのか?って思ってたんで、帰る予定がわかり安心した反面、
そうか遠い異国に戻るのかと思ったり、ずーと日本にいたら、マテのよさが減りそうな・・・と複雑なファン心理です。

でも、また 4月に来日ですよね。
4月はライブハウスみたいなところなのかなあ。私はそういうところにはひとりでいけないんだなあ。
座席がちゃんとあるところなら、一人でいけるんだけど。

あと、マテのブログに 若い女性の画家の方とのツーショットが乗ってるんですが、肩組むのやめてくれる~!女優さんとかと肩組んでるのは、納得できるんですけど、ここがまた複雑なファン心理。

マテがでる
イベントはこれですね。

これって、前回のそのイベントですよね?

今から3ヶ月前、マテに惹かれ始めた頃、この動画を見て、そのときは、
「エリザベートの曲を歌う、トートな姿のマテが好きなんだわ・・・」と29歳頃のマテの姿ばかり追ってて
この動画には見向きもしなかった私ですが、今は、他の歌を歌うマテも十分好きなんです。
想いはコロコロ変わります・・・。
[PR]
by fromday | 2012-12-09 01:30 | 演劇 映画 | Trackback | Comments(0)

ニュートン…

松浦雅也さんのFaceBookをみたら
ニュートンスタジオが閉じられたとのことが。

まだあったことに驚きもしました。

アップされてる何枚かの写真。
私には初めて見る室内ですが、窓からの風景は、私にとっても懐かしい。
私は地面からの目線であとこんなに遅い時間ではないけど。


あと、PSY・SのBoxのサンプル?の写真もあって、もうすぐですね~
楽しみ


まだ私の自由時間のほとんどは mate kamarasさんに費やしてますが、この二週間はだいぶ軽度になってきてきてまして、PSY・Sが届く頃には、もっと軽減されてるかしら?
[PR]
by fromday | 2012-12-03 02:42 | Matsuura San | Trackback | Comments(2)

コンプリート!

昨日、秋から通算七度目の梅田芸術劇場へ。
数日前に、エリザベートガラコンサートのチケットを譲り受け、急遽行くことに。
最初に誘われた時は、ウィーン版の感動を上書きされたくなかったんで断ったんですが、三たび目に誘われて、せっかくなら、東宝、ウィーン、宝塚と制覇したい気持ちが生まれていくことに。

一緒に行った方は宝塚好きなので、女優さんについての解説付き。
b0010914_181524.jpg


宝塚版、東宝版、ウィーン版と違うとネットより情報は得てましたが確かに違う!
宝塚版といってもガラコンサートでマイクで歌ってるんで、ミュージカルとは色々と違うところがあると思いますが、ストーリーはおなじなんだとおもいます。
超恋愛ものでした!!
びっくりした!!
トート閣下、エリザベートをむっちゃすきやん!!
そのために歴史の歯車すすめたんちゃう!ルドルフの運命弄んだんちゃう?!てくらい、超大好きやん。

東宝版はそこまで好きに見えなかったし、ウィーン版は好きかも知れないけど、他の人たちの想いがきちんと表現されてたんで気にならなかったし、トートが、じっと、見守ってて、最後にエリザベートが万を期して胸に飛び込みよかったなあって感じに私はおもったんだけど。

そしてトート閣下出まくってた!!歌いまくってた!!

カーテンコールではトート閣下最後だし。
そしてみんなで、愛と死のロンドを合唱するのはびっくりした。

宝塚今までしっかりみたことはないけど、
うーん、この独特な世界は、ハマるかも…。と思った。
一応、私ははまりませんが…、たぶん。

フランツとルドルフが、歌が素敵でよかった!

そして、昨日はスペシャルカーテンコールで、サインが印刷されているコースターを女優さんがたが配るということをしてました。
で、ファンでもない私がゲット。
超ファンな方すみません。
ですので、パンフを2000円出して買いました…。

宝塚は来年100周年ですって。
すごいですね。
もう、伝統芸能にいれていいんじゃないでしょうか。
ホント確立されてるしこれからもまた100年続くんだろうなあと思いました。

私は毎日のようにドイツ語のエリザベートミュージックを聞いているので、イントロの続きで頭におもいうかぶ声はドイツ語なんですが(歌えませんが、こんなふうだったなあというくらいですが) 今回頭でドイツ語がでてきているなか、日本語の歌声が聞こえるという、同時通訳的な聞こえ方がして面白かった。字幕が聞こえる~っと思ってみてました。

3つのパンフレット
東宝版 2000円 ウィーン版1500円 宝塚版 2000円
b0010914_1812382.jpg

もらったコースター
右は入口で 左は ヘレネ役の方から手渡ししていただいたもの!
b0010914_181418.jpg

[PR]
by fromday | 2012-12-02 16:56 | ミュージカル | Trackback | Comments(0)