思いをつらつらと


by fromday
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

チケットゲットできず

NODA MAP の 「MIWA」の公演が 大阪であるので、是非、見に行きたいと、チケットを あらゆる先行発売に申込みましたが、残念ながら ゲットできず。
そして、本日、一般発売でも 残念ながらゲットできず。

・・・やはり、売ってるのか?!
今回は、ネットも電話も通じなかった・・・。

見たかったのに、残念。

NODA MAPの大阪公演も久しぶりだと思うし。

やはり、東京に見に行くこととして、東京公演にすればよかったかなあ。
[PR]
# by fromday | 2013-08-25 02:39 | 演劇 映画 | Trackback | Comments(0)

チケットゲット

どうでしょう祭 が 8年ぶりに実施ということで、絶対、行こうと思ってたんですが、
チケット発売でゲットできず、再販でもゲットできず。
いったい、誰がゲットしてるんだろう・・・、
夏休みは どうでしょう祭 を中心に休むようにしようと思ってたのに、行く気満々だったのに、ほんと残念、


で、再再販がありました。
仕事を定刻で無理やり終了し、19時からの販売で、18時45分からロッピー前を占拠。
(誰もロッピーを使いたそうな人が来なくてよかった)
で、19時に通信できたんだけど、予定枚数終了の文字。残念ながらゲットできず。

誰が、一体買ったんだ?
ほんとに売ってんの?

で、おうちに帰り、電話をかけたら、なんと、数回目で通じて、そして、チケットをゲットできました!

前回 楽しかったので、次があったら 全日参加!と思っていましたが、
1日だけでも参加できそうで嬉しい!!

それにしても、前回なんの苦もなく購入できたのはほんとラッキーだったんだなあと。

前回は、まだ全て見切ってない状態で行ったんですが、今回は全て見た状態で行くので前回よりきっと楽しめる!
と期待値をあげまくってます。

***********
8月も来週で終わり。
暑い暑い夏がもう終わりそうです。
早い!
なにしてたんだか思い出せない・・・。

それにしても暑かった。
[PR]
# by fromday | 2013-08-25 02:31 | 水曜どうでしょうetc | Trackback | Comments(0)

WMC2

もう、10日前になりますが(日が過ぎるの早すぎる)
7/11 12 に 梅田芸術劇場のウィーン・ミュージカル・コンサートに行って来ました。

当初は11日のチケット購入してたんですが、先にあった東京での公演の反響をみていると、1回じゃなあと思い出し、そこまで仕事に心血を注ぐ必要はないかと先週末に思い行くことにした。
(毎日9時まで安月給で働いてるし…代休を来週中にはとらないといけないし。だったら2日続きで休んじゃえ…って。三連休は予定が入ってしまったんで)

すべての楽曲素晴らしかったです。
感想言う言葉それを言い表せてなくてもどかしい。

私は昨年秋に mate kamarasさんの容姿と声にはまり、ウィーン版エリザベートコンサートで エリザベートの楽曲にはまり、フランス版ロミオとジュリエットで日本語以外を観劇することにはまり、そして、3月に英語でノートルダム・ド・パリを堪能しという非常に浅いミュージカル歴。

ですので、今回のこの WMC2での楽曲は、エリザベート と ロミオとジュリエット は知っていますが、それ以外は、あまり知らず。
ダンス・オブ・ヴァンパイアー は youtube で mateが歌ってるのを堪能してましたが、歌詞の内容はわからず、という感じで。

でも、絶対素敵だし、感動するのは、練習風景やリハーサルや先の東京公演のダイジェスト動画をみてて、確証してましたが。

想像以上に期待以上に素晴らしいものでした。


あまりにも素晴らしくて、10日たった今、東京公演に行こうかどうかを昨日夜中まで考えていました。
結局、いかないことにしたんですが・・・。

いくとしたら、往復新幹線とチケット代で4万円弱。

ウィーンへの6泊旅行をするとして、20万円あればいけるような感じがネットで調べるとしたので、
じゃあ、この4万円をその旅行代として貯めておこう、と。

モーツアルト! や ダンス・オブ・ヴァンパイア を フルで観たい。

ドイツ語も英語も出来ない私が行けるとは思えないのですが、行けると信じて、今回は断念。


この決断が正しいのかどうかはわからないけど・・・。

ただ、今回のことでわかったのは、
エリザベートコンサートも3回、ノートルダム・ド・パリも結果として、3回見に行くことになったので、これからは、最初から3回見に行くことを前提に予定を組むようにしようと。

More
[PR]
# by fromday | 2013-07-21 11:18 | ミュージカル | Trackback | Comments(0)

五月も終了

この前、ゴールデンウィークだったのに、なんと、もう、五月も終わり!!

相変わらず、忙しかった・・・。
ほんと忙しかった・・・。

で、今日、1週間前の締切のものを出すのを忘れてたことを思い出した・・・。
なかったことにできない失敗。
忙しかったんだもの・・・。すっかり見落としてた。


そんな中、昨日、かつて一緒に働いていた先輩から電話が。
今度、みんなで会いたいねえっていうことになり、声をかけてるんだけど。
地方に転勤した人は無理だけど、ここ近辺の人に声をかけてて
O部長、T部長、M課長、A係長とやめた●●さん・・・ がくるんだけど、どう?
と言われて、まあ、私は、会社の人とはよく合うけど、やめた人もくるんならいってもいいかなあと行くことにしました。
今から8年くらいまえまで一緒に働いていた面々は皆、部長、課長、係長。
M課長に至っては私と同じ年の入社で、A係長に関しては私よりあとの入社。
私の会社は男尊女卑なところなので、女性は偉くなりません。

ただ、確かに私も最近、なぜか、頼られる感じになってて、「なんか、私も、偉くなったもんだなあ」(わたし、偉そうな感じだなあ?)と思ってたんですけど、こうやって、「さん」付で呼び、無礼な文句を言ってた人達がこんなに偉くなってるのを見ると、私も、「偉く」なって当たり前かと。

でも、初心忘れず、偉そうにならず(もともと偉そうなんで)謙虚でいようと思った次第。

(今日、配られた社内報を見てたら、昇進昇格のお知らせが載ってて、そこには、今回会う人達と同じ頃に働いていた人が何名ものってて、みんな部長になってた!)
[PR]
# by fromday | 2013-05-31 23:02 | 日記 | Trackback | Comments(0)
b0010914_23383914.jpg

今日はこれに行く予定でした。

残念ながら、公演中止。
宮沢りえさんは1日でほんとにできるの?!と思ってたけど、やはり無理だったようで。
でも、わたし的には、出来上がる途中の宮沢りえさんの演技をみるなんてめったにないチャンスなので、それもありかと思ったんですけどね。

明日は公演をするとのこと。
すごいなあ、宮沢りえさん。
でも、だいぶキャラがちがうように思うのですが。

きっと、この短時間での代役は彼女だ!って野田さんおすすめだったのかしら?

HPに野田さんと三谷さんの二人の宮沢りえさんへのコメントが載っててなんか笑える。

野田さんも書くんだ。
演出家の三谷さんだけのコメントじゃないんだ・・・と。

なんか、見れないとなると、見たくなっちゃったわ。

天海祐希さんは、健康なイメージな方なので、ホントびっくり。
健康管理をしないといけないですね。


今日は、ライブビューイングを見るために、定時に帰ろうと、火曜日から頑張ってたので、
予定がなくなったので、溜っている仕事をしても良かったんですが、火曜日から、今日は帰るぞ!と思ってたので、体が定時を回ると仕事をしたくないモードに入り、早めの帰宅。

不思議ですよね、今週は、月曜が休みで一日、働く日数が減ってるのに、明日が金曜日と思うと、すっかり、体は 働いて4日目なモードになってしまう。

***********
今日は、Mate Kamarasさんのライブが東京でありました。
当然、いけませんので、言ってませんが。

ぴあのHPのMateのインタビューを読むと、
日本に拠点を置くのが夢 と語ってますが、
私は、時々、西洋の風を持ち込んでくれる Mateの方がいいなあ。
日本に溶け込んじゃ、かっこよさが半減な気がするんですけど。

最近は、ずーと、Notre dam de Paris を聴きまくっているんで、Mateへのお熱が多少減少してるからこう思うんでしょうか?
[PR]
# by fromday | 2013-05-09 23:59 | 演劇 映画 | Trackback | Comments(0)

ゴッホ展

京都市美術館 での ゴッホ展 空白のパリを追う に先週行って来ました。
近くで用事があり、そういえば・・・と思い、当日券を並んで買って観賞しました。
お客さん多すぎ!!
ゆっくり快適には見れませんでしたが、見て良かったです。

ゴッホに全く詳しくはないのですが、ゴッホに興味のある人が見たら、面白いんじゃないかしらと思う展示でした。

一般にゴッホといえば・・・という絵になる前のゴッホの絵が展示されていました。そして、展示の解説をとても丁寧にしていて、よくわかりました。

ゴッホって、直感で書いているように思ってましたが(天才肌)、ちゃんとお勉強し、いろいろと考えてあの画風になったのかと。

鑑賞後、京都市美術館では「リヒテンシュタイン展」もしていて、そこのミュージアムショップには行くことができ、見ていたら、展示紹介ビデオがその奥でしていました。
それを見ていたら、おや、こちらも面白そう。

知ってる画家や知ってる絵を見ることができそう。

こちらも見にいってみようかしら?

b0010914_1243031.jpg

[PR]
# by fromday | 2013-04-29 01:24 | 日記 | Trackback | Comments(0)

ユトリロ展

b0010914_0162035.jpg

高島屋 京都店で行っている「ユトリロ展」に行って来ました。

たまたま、招待券をもらったので、行ってみようかな・・・と。
ユトリロって誰?って感じで行ったんですが、
意外と良かった。

パリ、モンマルトル の絵だったので、「ノートルダム・ド・パリ」のフランス語バージョンを聞きながら観賞。

ノートルダム の絵もあり、「Les Cloches」を聞きながら観賞すると、物語の世界に入っていきそうでした。
[PR]
# by fromday | 2013-04-29 00:42 | 日記 | Trackback | Comments(0)

観光客

今年は外国から来られていると思われる観光客が多いように思う。

なんとなく、アジア系の人は、働き盛りな感じの両親と子供っていうかんじの人だったり、若者って感じなんですけど、西洋から来た感じの人は、すっかり第二の人生を歩んでるだろう感じのご夫婦が目につくように思う。

まさか子供が日本に働きに来てたり、嫁いでたりして遊びに来てるわけじゃないだろうから、西洋から、12時間以上の飛行機に乗って、来日するって、すごい体力、気力、行動力と感心。
私の親だったら、無理だな。
国内の沖縄でも、無理だと思う・・・。

そんな遠いところから来るようなご老人だから、体力も気力も行動力もあるので日本のご老人と比較てしてはいけないんだと思いますが、今日、バスに乗ったらこんなことがありました。

そのバスには、たぶん、フランスからきたんじゃないかと思われるご老人のグループ(10人?)がのってました。(話してるのが英語じゃなかったし、なんとなく、フランスっぽく見えただけなんですが)
バスは混んでて、その人たちも何人かが立ってて何人かが座っててという感じ。
優先座席に、日本人の男性老人とフランス人らしき男性老人が座ってて、いきなり、フランス人が立ち、ジェスチャーで「ここに座るように」と誰かに。
はて?と思って見てたら、赤ちゃんを抱っこしている若いお母さんが居て、その方に席を譲ってました。
すごい!おじいちゃん!!かっこいい!
身長も1m80cmはあるだろうという体格のいい方でしたが。

こういうアクティブな年の取り方をしたいものです。
[PR]
# by fromday | 2013-04-28 23:59 | 日記 | Trackback | Comments(0)

uke?!

Matt Laurent さんが気になりだし、ウクレレバンド Lucky UKE にたどり着き。


この歌はRichardがアップしてる Ricky PING & Matt Wong の動画の曲だ!
この曲、いいなあと思ってたの。
まさか Mattが歌ってたなんて。

Matt、カジモトの声とだいぶちがうやん!
カジモトのときも時々甘い声な時があったけど、すごく甘い声やん!
ビックリした。
っていうか、カジモトしてて喉調子悪くなるんじゃない?大丈夫?

そして、なぜ ウクレレ?!
カナダの人がウクレレってすごくイメージないんですけど。
カナダってウィンタースポーツ系で、夏なイメージないんですが。

だからMattは大阪から名古屋のあいだに沖縄に行ってたのね。
こんな歌うたってたら、沖縄似合うわ。
なぜ、まだ泳げないにに、沖縄に行くのかしら。だれが、シーズンオフですよって教えてあげたらいいのにと思ってたけど。
[PR]
# by fromday | 2013-04-13 22:16 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

CD購入

ってことで(どういうこと?) CDを購入しました。

購入したCDは「ノートルダム・ド・パリ 2005年ソウルツアー・キャスト 実況ライブ」
フランス語ですが、先日日本でグランゴワールを演じていたRichard Charestさん、カジモトのMatt Laurentさんの歌声をもう一度きちんと聞きたいと思ったからです。
劇場で買ったCDは英語で、ミュージカルを思い出すにはとてもいいんですけど、声が違うんで、なんか声を忘れちゃうなあと思って。
英語だろうとフランス語だろうと、ききとれないし意味もわからないし、一緒に歌えないのは同じなので、大した問題はないんですが、2005年の歌声なので、Richard Charestの声が若い!歌い方が若い!
今回は、落ち着いた大人なグランゴワールで、エスメラルダに振られても大人な感じでしたが、きっと、2005年のグランゴワールはエスメラルダに振られたことがこたえてたんじゃないだろうか・・・と妄想しちゃいそうな若い声でした。

英語版のCDを聴いて復習してる中、
なぜか、ふとした時に口ずさむメロディが 「Torn Apart」。
観劇してる時は、ダンサーに気にとられてたせいか、そんなにいい曲だとは思ってなかったんですが、この曲超カッコいいやん!(歌えないけど)

私としては「Home in the Sky」( Ma maison c'est ta maison)が聞きたいんですけど、これはこの2枚のCDには残念ながら入っていません。
「The Feast of Fools」 (La fete des fous)も入ってないのが残念なんですが、やはり、これは歌をきかすというより見ないと魅力半減ってことで、入らないんでしょうかねえ。

iTunes で購入というのもかんがえるんですが、歌詞が欲しいんですよねえ。
読めないといいつつも、歌詞があったほうが嬉しい・・・。
さらにCD買っちゃうのかなあ・・・。

Richard Charest の FBを見て、Matt Laurentとのツーショットやら動画やらをみてて、
私はてっきり、Mattの方が5つくらい若いと思っていたら、なんと、彼の方が年上なんですね。
年よりだいぶ若く見える・・・。ちょっとビックリした。
そう思って、写真や動画を見ると、先輩をいじってるRichard,あるいはつきやってやってるMattというふうに見えてくるから不思議。
で、1月だかのFBに2000年の写真ということで Richard と Matt のツーショットがあるんですけど、
その時は、MattがRichardの肩を抱いてるんです。
で2007年の写真ではその手が逆になってるんです。
きっと、この7年のあいだに、彼らの関係性が変わったのかしら・・・と想像。
だって、カーテンコールの雰囲気みてたら、絶対、Mattが可愛い後輩って感じだもの。
職歴はRichardの方が長そうなので、そっちで先輩後輩ができるのかしら?芸人みたいなもん?!
かれらのことをよく知らない私はこんなことを一人考えてます・・・。

私は Twitterもしないし、FBもこっそりみるだけなんですけど、
「とてもよかった!感動した!」ってRichard Charest 、Matt Laurent にメッセージを送りたい気持ちに駆られた1週間でした。
が、日本語でもしたことないことをいきなり、使えない言語でするのはハードルが高すぎる・・・(Twitterの仕組み+言葉を学習って無理!)ってことで
次回彼らに会う時までに、もう少し、言語力をつけようとココロに決めました。
愛はいろんな障害を乗り越えるはずなので、多少、身につくかもしれない・・・と淡い期待を・・・。
[PR]
# by fromday | 2013-04-13 21:35 | ミュージカル | Trackback | Comments(0)